HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

どうして素振りのように打てないの?


「素振りはプロ並みなんだけどね・・・」。この「・・・」に入る部分を何とかしたいと願っているゴルファーは数知れないのではないでしょうか。でも、どんなレッスン書を読んでも、様々なレッスンを受けても、どうしたら良いのかは全くといってよいほど理に適ったことは説明されていません。

何故なら、既存のレッスンは、スウィングはバック・スウィングから始まり、打ち方、動き方の全てをゴルファーが常にコントロールするものだと、そしてそれを結果としての形を模倣することで達成すると考えているからなのです。

しかし、数多くのゴルファーがゴルフの上達を夢見て、書物を手に取り勉強を重ね、練習を重ねた結果、素振りでは結構思い描くことができていても、残念ながらショットには使えないという現実に直面しているのが現実なのです。

アマチュアー・ゴルファーが見て、良い素振りと感じている素振りが、常に良い素振りであるかは別問題として、少なくとも素振りでやろうとしていることが、本番でできないゴルファーが圧倒的に多いことは間違いないのです。

では、何故こうしたことが起きるのでしょうか?

問題は単純ではないのです。ゴルファーは一部分を変えるとすぐに効果が現れるとか、即効性のあるワン・ポイント・レッスンなどに大きな期待を寄せています。実際、そういったものが絶対に存在しないとは言いきれませんが、残念ながらゴルファーの皆さんが慣れ親しみ、期待しているようなフォーマット、つまり、どこか一部分の形を変えるといったことが良い効果をもたらすのではない場合がほとんどなのです。

他の読みもの中でも、脳の話を折りにふれ説明していますが、ゴルフ・スウィングに関して人間の脳はレッスン書の説明にあるようなフォーマットでの捉え方はしていないのです。つまり、バック・スウィングから始めて、トップでセットして云々ということを、常にコントロールしようとしているわけではないのです。

ゴルファーの多くは、グリップの形を考え、セット・アップの形を考え、バック・スウィングの上げ方を考え、それが動きだと教えられてきています(例え、レッスンを受けてきてないゴルファーでも、レッスン書やレッスン記事がそうなっているから、自己流と思っている人も、実際にはメディアの作ってきたゴルフに染まっていることが少なくありません)。素振りではそうする事そのものを目的としているから、それができるのですが、実際にボールを打つとなると、全く違った状況と意識が発現するのです。

だから、素振りのようにショットができない。つまり、素振りでやっていることが、或いは、一生懸命練習場でボールを打っていること自体が、全くと言って良いほど実際のショットには結びついていないということになってしまっているのです。

レッスンでも時々言及するのですが、「素振りで自分が打ちたいラインにクラブが振りぬけているのが自分自身で解りますか?」ということです。例えば、ダーツならば投げる前に自分が狙おうとしているところに、力を掛けられている、或いは、行きそうな感じがあるということが確認できています(まあ、実際それで本当に結果がそうなるかどうかは絶対的ではないですが)。しかし、殆どのゴルファーが素振りでは感じられていないのです。というよりも、果たしてそんな事を気にしたことが有るでしょうか。

レッスン書に書かれている、こうしたら上手くできるという情報をできているかなと考えながらやっているばかりで、実際に動いた結果として、あなた自身が本来その場での一番大切な目的を引き出すことができるような感覚になっているかどうかを確かめるなどということは全く感じようともしていないのでしょうか?まあ、それより以前に、練習を通じてそうした感覚を確立しようとさえ考え、練習していない人がほとんどでしょうから無理は無いことなのですが。

つまり、あなた自身がショットで何をすべきかを全く把握できていないということなのです。把握もできていなければ、自分自身の身体にそのことを伝えることも、納得させることもしていないのです。だから、ボールが狙ったターゲットに飛ぶわけが無いのです。スウィングをどうしよう、形をどうしようという目的から、ボールに当てようという目的に変わると、全く違った動きにならざるを得ないから、素振りのように打てないのです。

と、ここまで書くと、殆どのゴルファーは「それでは、何をやったら良いの?」と具体的な方法を知りたがるのでしょう。写真に箇条書きの説明がないと、何をやっていいか解らないゴルファーになってしまっているのです。自分自身がゴルフ以外の時に何をどうやってどんな感じでやろうとしているのかを真剣に考えてみてください。

自分で考えることをせずに、何でも教えてもらえば良い。できているのかできていないのかを見てもらって教えてもらえば安心する等というのでは、どうせ大したゴルフなどできるようにならないのです。

だから、私は敢えて具体例は記さないのです。何故なら、上記の説明を読み理解をすれば、何を感じて、何を素振りや練習で自分が求め感じなければならないかは分かるはずなのです。自分で考え、自分で選択をする。自分自身に必要な事を自分自身が構築することこそがゴルファーに必要なのです。

あるゴルフ業界の方から「あなたのホームページはレベルが高いですね」とのご指摘を受けました。私は決してそんなことは無いと思っています。殆ど、専門的な知識は割愛し、誰でもわかる言葉に置き換えて説明しているのですから、普通の理解力、読解力がある人が理解できないわけがないのです。

ただ、読み手がゴルフのレッスン書を期待するから、読み手自身が自分の能力を低めているのです。通常の読みものとしてなら、誰もが読解でき、自分自身の感想や理解の仕方を持つのが普通なのです。小学生の国語の読書感想文でも、皆が同じ感想を持ったわけではないのです。

一人一人が、ユニークな成長過程とバック・グラウンドを持っているのだから、異なった理解の仕方、異なった咀嚼の仕方を持って当たり前なのです。

それをゴルフレッスンは、誰が読んでも同じ情報しか得ることができない、写真とその写真の形を言葉で説明するという事がゴルフだという、悪しき習慣を続けているのです。まるで、ゴルファーには読解力や理解力も存在しないのだと言うかのような書籍がゴルフレッスン書なのです。例えば、知ったかぶりのゴルファーが初心者のゴルファーに「グリップは小鳥を潰さないように握るんだよ」などと吹聴していますが、ちゃんちゃらおかしいのです。言っている本人が全くわかっていないのです。

どんな感じでグリップを握るのかという話をした時に、皆が同じ言葉で表現するような事になるわけがないのです。

テレビの美味いもの紹介番組でレポーターが「旨味がジュワ~っと」とか「コクが効いていて、云々」と言ったところで、実際は同じ物を自分が食べてみない限り自分にとっての美味さ等わかるわけがないのです。要するに、皆聞きかじり、鵜呑み、知ったかぶりなのです。

そして、それが当たり前と思っているのです。実際、トーナメントプロにどうやってグリップを握っているのか聞いてみたところで、返ってくるのは「どうやってですか・・・?考えたこともないな」なのですから。

事実、私のホームページのレベルが高いのではなく、ゴルフレッスン書の知的レベルが低すぎるのです。子供用の絵本でさえ、もっともっと読み手の気持ちや想像力をかきたててくれて、様々な感情や感覚や感想を引き出すものなのです。それに比べて、ゴルフレッスン書は、誰が読んでも同じにしか感じられず、いつ読んでも同じ情報しか引き出せず、通読しても全くゴルフがどんな姿をしているのか、自分にとってのゴルフというものがどんなものとして存在してゆくのかなどというイメージも湧かないような稚拙なものなのです。

素振りは、本番でやる事のリハーサルなのです。プレ・ショット・ルーティンも、単なる「やる手順」ではなく、明らかにショットに対して自分自身がやろうとしている事を、やれる状態に自分自身をするためにやるのです。だから、プレ・ショット・ルーティーンなのです。レッスン書に書いているような、単に順番に従って誰もが同じ事をやれば良いなどという低俗で稚拙なものではないのです。

ということはつまり、自分自身がショットに対して何をしようとしているのかが決定されていない限り、素振りもプレ・ショット・ルーティンもやりようがないというのが本当のところなのです。

ゴルフのゲームの本番であなたは何を要求されているのか?それを踏まえて練習に望まない限り、徒労に終わるのは目に見えているのです。

良い当たりが出て喜んでいる、飛ぶと喜ぶというのは本来のゴルフではないのです。

そんなことで喜んでいるようでは、そんなことで楽しいと感じている人は、練習場で無数にボールを打っている時間を惜しんで、心を入れ替えて本当のゴルフが何なのかを考えて見るべきなのです。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.