HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

いつになったら自信を持ってショットに臨めるようになるのでしょう?


結構真剣に練習しているのに、いつまで経っても本番で自信をもってショットに臨めない。

いつも、上手く打てなかったらどうしよう。

「何とか上手く打てますように」と神に祈るような気持ちでショットをするしかない、というゴルファーが少なくないようです。

では、逆にお聞きしますが、自信を持ってショットに臨むために、あなたは普段の練習でどんな工夫をしているのですか?

普段の練習で、それを猛烈に意識して練習しているのでしょうね?

もし、答えがNoならば、それは仕方のないことなのです。

ただボールを打ち続け、多くの失敗体験を積み重ねることのどこが、自然に自信を持ってショットに臨める自分を作り出すと思うのですか?

どれだけ期待しても、これまでのゴルフの練習の仕方ではいつまで経っても自信など持てるわけがないのですよ。

そもそも何のために何をするのかも理解していないし、普段の練習では心理的要因のことなど一切考慮することもしていないと思うのです。

ただひたすら同じ動作を繰り返しているつもりでボールを打ち続け、狙っていると信じ込んでいる。

狙っていると考えている(あるいは、練習場のマットの向いている)方向へボールが上手く飛んだらできたと判断しているのではないですか?

その練習のどこが自信に結びつくのでしょうか?

何回も打った後に何とか狙っている考えているところにボールが飛んだことを自信にしようとしているのですか?

でも、そこに行く着くまでの過程で、数えきれないほどの失敗体験をしているのですよね?

そんな練習で自信など、いつまで経ってもつくわけがないのです。

多くのトーナメントプロやインストラクターは長い時間と頻度と量をこなして、多くの失敗体験を上回る成功体験を量という力を借りて身に付けてきたのです。

しかし、その方法があまり効果的でないことは、結果として一流になっているプロの数を考えれば簡単にわかることです。

そして、それに失敗した人の多くがレッスンプロになっているというのもまた現実なのです。

まして、そうした環境に無いゴルファーが、そうした非効率的なことを「練習」として努力したとしても、自信につながることはほぼあり得ないと考えた方が理に叶っているのです。

ゴルフは

一打一打がすべて状況の異なる場所から

異なるターゲットを狙って

たった一打でそこそこの結果を出す

ということを試されているゲームなのです。

そして、実際のラウンドでは

ヴィジュアル的に行きたくないところ

避けたいところ

視覚的なトリック

などがたくさん存在するのです。

そんな状況下で、あなたはたった一打で狙ったところにボールを打たなくてはならないということも含めてがショットなのです。

しかし、練習ではそうした要素も考慮せず、ただひたすらに部分部分の形を考え、反復練習をして、(人間の特徴的な機能であるその場での修正能力の賜物である可能性の高い)何打目かに上手く行くということを「できた」と判断しているのです。

それのどこが自信に結びつくとお考えなのですか?

それって、言い換えてみれば

ゴミ箱の場所や

ゴミ箱の口の形状を確認することもなく

むやみやたらにゴミを投げ続け

ゴミ箱にゴミが上手く入ったら

ゴミ捨てができたと判断しているのと同じことなのですよ。

或いは、計算ドリルブックの答えの欄に

ランダムに答えを記入して

たまたま正解を書き込むことができたら

計算ができるようになったと判断していることと同じなのです。

そんなあなたが、試験で自信を持って回答を書き込むことができるというのですか?

こうしてほかの例えに当てはめて考えると、ゴルフの練習がいかに的外れなことをやっているかがわかるのではないでしょうか。

既存のゴルフレッスン書では、脳の機能や身体の機能、物理の原理原則について全く説明もなく、ただ単に部分の形の説明に終始しているだけなのです。

そして他の情報においては、その形の説明に当てはまるように説明しているだけで、実際の機能とはかけ離れたことが平然と並びたてられているのです。

自動車学校に行って、教官に

「左カーブを上手く曲がるにはどうしたらよいですか?」

と質問したら、

「タイヤを左に向けるんだよ」

と教わって

「なるほど、わかった」「さすが教官はプロだから言うことが違う」

と感心して鵜呑みにしているようなものなのです。

そして、運転の練習で

「左カーブでは、タイヤを左に向けるのだ」と思い出し

何度も何度も縁石に乗り上げ

時々壁に衝突し

やっとぶつからずに運転できたら

「できた!!」と判断する。

そして、そのまま実際の街中に出て運転を始めると言った類のことなのですよね。

それはそれは怖いですよね。

自信などあるわけないですよね。

縁石に乗り上げ、壁にぶつかったという失敗体験を、脳があっさりと忘れてくれるわけはないのです。

脳はそれほど都合の良いシステムではありません。

では、どうするのか?

答えは簡単なのです。

普段の練習から正しい理論に基づき

正しいことを正しい感覚で

正しく実行できている自分を認識しながら

ゴルフというゲームの極めて特徴的な、一打でそこそこの結果を出すということを念頭に

様々な状況を想定しながら

「一打で結果を出せる自分」を事前に作り

その感じで実行すると結果が伴う

というシステムを作るための練習をするのです。

もちろん有り余る時間を持て余し、毎日をゴルフの練習とラウンドばかりに費やせるのでしたら、3年も経てばある程度自信を持ってプレーすることができるようになるでしょう。

まあ、それで上手くなったとしても、もちろん正しい動きを必ずしも身に付けられるわけではないですし、慣れで習得した技能は練習を継続しない限りそのレベルを保持することは難しいのです。

しかし、殆どの方がそうした環境に無いですから、もちろん技能を効率よく習得し、自信を持ってショットに臨めるようになるには、普段の練習に於いて、実際のラウンドで要求される質を考慮して練習を実施するということが大変重要なのです。

どうやって自信を付けるのかに関しては他の読み物もありますので、ご興味があればご一読ください:

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.