HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

明確な意図を持ってその場その場でショットを創る


練習場でむやみやたらに機関銃のようにボールを打っているゴルファーや、バック・スウィングの上げ方や、トップの形ばかりを模倣することに執心して練習しているゴルファーには、全く馴染みの無いことでしょう。

しかし、人間にとって意図を持って動作をするということは、なおざりにできないとても大切な要素なのです。

あなたが頭で考えさえすれば、身体がそれを理解して動きとして体現してくれるかというと、そんなに単純なことではないのです。もし、そうだとしたら、頭に想い描いただけで、動こうとしなくても、あなたの身体は始終動きを起こしてしまうのです。

例えば、「トップさえ決まれば良いショットが打てるのだ」と考えたら、素晴らしいプロのようなティー・ショットが・・・というように。

練習場に行ってアマチュアー・ゴルファーが練習しているのを、一番後ろの打席から眺めていると、皆、首をうな垂れて、まるで死刑を待つ順番の死刑囚のようです(表現が適切ではないかもしれませんが、それほどひどく見えるということです)。本来楽しく、気持ちの良いはずである、ボールを打つという動作が、ターゲットを狙うという動作が、窮屈で苦痛なもののように見えてしまうのです。

打席という四角いジャングルで俯いて苦しいことに耐えているような感じです。

全く何かを狙って「これから絶対にあそこへボールを運ぶぞ」というような、雰囲気を醸しだしていないのです。

つまり、殆どのゴルファーが実はこれから自分が何をしようとしているのかを決定しないまま、そして何をするのかを自分自身の身体に理解も納得もさせないままボールを打つという動作(或いは、どこかの部分の形を模倣すること)のみを練習しているのです。

もしかしたら、考えてはいるのかも知れませんが、全く自分自身の身体にはその意図を伝えていないのです。

例えば、あなたがバケツの水をどこかの場所にきちんと撒こうとしたら、実際の動きを始める前に必ずターゲットを見て、そのターゲットに水が撒けそうな感じを掴んでから撒きませんか?

ゴミ箱にゴミを放るという、日常何の気なしにやっている動作でさえ、実施に放る前にゴミ箱を見て、リハーサルをして、入りそうな感じを掴んでから放っているはずです。

それに対して、ゴルフ・スウィングでは、随分と緻密なことを口では語りながら、頭では箇条書きにして、やるべきと信じきっていることをきちんと整理しておきながら、そして、セット・アップに入ってからジーッとボールを見つめながら、微動だにせず頭の中でやるべきと信じていることを反芻し、それを考えながらスウィングをしようとするのですが、自分自身の身体には自分がやろうとしている意図が全くと言ってよいほど伝達できていないのです。

頭で箇条書きで考えている言葉や形ばかりを気にしているだけで、自分自身の身体と会話は全くできていないということなのです。自分自身の身体でさえ、自分の頭で考えていることを伝え、体現させるためには、言葉ではない何かに置き換える必要が有るということなのです。

一つ、面白い話があります。

(皆さんが面白いと感じるかどうかは別として、私にとっては面白いfunnyではなくinterestingです。)

「セットアップ」という言葉を皆さんはご存知だと思います。ゴルファーに「セットアップ」とは何ですか、と質問をすると、殆どの方からの応えは、構えること。それも、スタンスと、膝と腰と肩のラインが、目標方向に対し平行になり云々と、どうでも良いことの羅列が始まるのです。レッスン書の言うとおり、模範的な回答です。もし、レッスン書に書いてあることが正解であればですが・・・

日本人はカタカナ英語として、本来の英語の意味を考慮せずに、記号としてカタカナ化し、使用するという悪い文化を持っています。

セクハラなども良い例です。

「セットアップ」は本来"set up"、つまり、何かに対して準備することなのです。ですから、構えると言うことでもなく、ターゲットに対してスクゥエアーに立つということでもないのです。

これから自分がやろうとしていることができそうな体勢になるということなのです。

もう一つ言えば、体勢は身体の勢いであり、姿勢は姿の勢いなのです。

(本来の意味を鑑みると姿勢を正すも意味が解りますよね。単に背筋を伸ばすことではないのではないかな?あー、面白い。)

ゴルファーがセット・アップしたときには、必ず存在そのものがこれからやろうとしていることを現していて欲しいのです。ですから、私は生徒さんに「打つ前にわたしにあなたが何をしようとしているか、姿を見るだけでわかるようにしてください」とお伝えします。

他人の私に、あなたの身体がこれからやろうとしていることを姿を通じて伝えることができれば、間違いなく、あなた自身の身体には伝えられているはずです。

ただ、ここでお話をしようとしている意図性を持ってショットを作るということは、実はもっともっと奥の深いことなのです。

それはゴルフのゲーム性からくるもので、ゴルフ場で自然相手に自分自身と戦うゲームという本質から、二度として同じショットは有り得ないと言われているくらい、一打一打のショットにゴルファーが要求される要素は異なります。

ということは、練習場でどれだけ練習をしようとも、距離感をどれだけ掴んだ気でいようとも、覚えて思い出してショットをするということでは、結局は対応をしきれないのです。

普段あなたはきっと上り坂でも、下り坂でも、遠くても近くても、ゴミ箱にゴミを放るのならたいていの状況なら、ある程度の精度を持ってゴミを放れるはずです。ボール投げでも他の動きでもきっとそうでしょう。要するに、そうした日常生活や他のスポーツで行っている動きでは、ゴルフ・スウィングのように緻密に細かい形の模倣をすることに目的があるのではなく、もっともっと動作を通じて本質的に行いたい目的を達成することに意識を持って行なうことが不可欠だということを自然と理解し、実行しているのです。

ゴルフのスウィングにも、明確な優先順位があるというお話もこのHPの中でしましたが、その優先順位がきちんと確立されていればゴルフでもゴミ箱にゴミを放るのと同じレベルでのコントロールが可能なのです。なかなか信じられないでしょうが、プロにとっては打つ前に打てているということは当たり前のことで、そうでないショットは打たないから、ミスが少なくできるのです。

講演会では、しばしば「あなたは自分がこういうボールを自分の狙ったターゲットに打とうと思ったら、自然に打ててしまったら良いと思いませんか?」。「それも、打つ前にかなりの精度で自分自身がそのイメージしたショットをやれると言う確信をつかめたら良いと思いませんか?」とお聞きするのですが、みんな「何を雲の上のようなことを言っているんだ」という目で見ています。しかし、それ自体は決して困難なことではないのです。

あなたのゴルフの考え方、練習を通じて、何を習得しようとしているかを明確に転換することができれば、それほど遠くない将来あなたはそうなれるはずなのです。

こうした意図を持ってショットを作る。それも、実際に打つ動作を始動する前に自分自身が打てる感じを掴めるようになることで、実際には、ゲームが楽しいだけでなく、メンタル的にも非常に優位な立場に立てるのです。

最近では、「科学」という言葉がゴルフ界でも頻繁に使われるようになり、というよりも、実際の科学がどういうもので有るかをきちんと理解していない人間が「科学」という言葉を乱用しています。

ゴルフのメンタル・トレーニングの本一つとっても、理論的な一面では言っていることは正しいのでしょうが、実際にゴルファーが「自信」を身につけるためには余りにも、練習を通しての「成功例」が少なすぎるのです。それでは、どれだけ、メンタル・トレーニングで、「できるぞ、できるぞ」と、日々口にしていても、それを支えるバック・グラウンドが無い限り、実際の場面では有効に作用しないのは当たり前のことなのです。

私の考えるゴルフは、メンタルだけではなく、メカニクスだけでもなく、フィジカルだけでもなく、総合的に全てを効率よくすることを考えたゴルフなのです。私の考えがどうとかと言うよりも、そもそも人間という生き物はそういうものなのです。ロボットではないのです。表面に現れる形を模倣すれば機能がついてきて、目的を達成できるという生き物ではないのです。

つまり、動きだけが良くても仕方が無い。メンタルだけが強くても仕方が無い。フィジカルだけが良くても仕方が無い。全てがゴルフというゲームに対して効率よく働かない限り意味が無いと考えているのです。

どれだけ、きれいに見える動きでも(まあ、形を模倣している限り、どこか一部分の形はきれいに見えても、実際に動きがきれいに見えるものでは有りませんが)、どれだけ精神的に強くとも、実際ゴルフ場で、ラウンドで、自分自身がやろうとすることを、その場で引き出し、実行できない限り意味は無いのですから。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.