HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

練習を始める前にきっちりと5W1Hを考えよう

そうしないと悪習慣を作ってしまう可能性が高いのです


何を練習するのか?

ゴルフの練習と言うと、雑誌の記事に書いてあることを鵜呑みにして、まずはボールを打ってみる。

そしてその結果を見て、一喜一憂する。

たまたま何発目かに良い当たりが出ると、「これはいいぞ」と熱心になる。

それでも何発か失敗が続くと、もう何を練習していたのかなんてそっちのけで、原因究明に乗り出す。

しかしそれは原因究明などというものではなく、知っているレッスン書の断片的な情報の中からたまたま思い出したことを手当たり次第にいろいろ試してみて、より深い落とし穴に入ってゆくというものなのです。

そして、そうした練習の結末は往々にして二つに一つ。

漫然とボールを打ち続け、良いショットが連発すると「よし治った」と喜んで帰るか、

最後までミスが続き、打ちひしがれて帰るかのどちらかになるのです。

いずれにしても、練習効果はほとんどゼロ、ならまだいい方で、マイナス。

少しは良い運動になるかもしれないけれど、間違った動きをしていれば、腰や膝や、手首を痛めることもあり得るのです。

多くのゴルファーが経験している練習場での体験だと思います。

それでは、何故そうなってしまうのか真剣に考えてみたことがありますか?

明らかな原因の一つは、打ってみて、結果を見て判断をするのが練習という環境に慣れてしまっているからなのです。

事実、上達の度合いと練習習慣の間には顕著な相関関係が存在します。

それはもちろんです。練習は上達するために行う行動ですから、正しいことを正しく練習すれば必ず上達するのですが、意味のないことをやり続けても上達をするわけはないということなのです。

これまでいろいろと努力をし続けてきたにもかかわらず、上達をなかなかしない人が同じ考え方で同じ質の事をどれだけ続けたところでこの先も上達する可能性は、極めて低いのです。

そんなことは誰でも分かりそうなことですが、ゴルファーの場合はそれさえもわかっていない人が残念ながら少なくありません。

自分自身は変えているつもり、つまり、レッスン書に数多く並列的に書かれている断片的な情報の中から、なんとなく気になった項目を、とっかえひっかえ行う。

確かに、やること(=部分)は変えているのでしょうが、根本的には結果としての形を作ることという同じ枠のことをやっているだけなので、何も変えていないのと同じ事なのです。

このパターンは非常に多いのですが、本人はものすごく多くのことを変えたつもりになっているのですが、実際には何も変わっていない場合がほとんどなのです。

そんな習慣を持っているゴルファーが非常に多いのです。練習場でゴルフ仲間が集まって、ああでもないこうでもないと気になった部分の形(決して自分自身が気になったのではないのですよ。レッスン書に書いてあったのです)をごちゃごちゃと弄り回し、打ち続け、良いショットが出ると「それだよ、それだよ、いいねぇ~」などと言い合っているのです。あー、ばからしい。

さて、話を元に戻して・・・

では、練習習慣と上達の間にはどんな関係があるのでしょうか?

説明している途中から既にクラブを持ってボールを打ち始めてしまう人が最も上達の度合いが低い、というよりも、まず従来の動きから何ら変わらない。その場合、何度も、ちゃんと聞いてくださいと諭すのですが、それでも変えられない場合、いずれにしろその人は上達しません。なぜなら、何も理解せず、何も意図的にコントロールせず、動きそのものを司っているシステムを替えないのですから、どれだけ本人が変えているつもりでも、何も変わりません。

オーバー・スウィングに悩んでいる人が、トップでクラブが回り過ぎないようにどれだけ意識しようとも、実際には治せないのも結局は同じシステムで自分自身の脳が身体に指令を出してしまっているのですから、変えようが無いのです。

次に、上達の進度が遅い人は、どうしても強く振ることが良い練習と信じていて、やりたいことは理解していても、やりたいことができているかどうかを全く感じずに打ってしまっている人です。

つまり、やろうとしていることもわかっているし、やろうともしているのですが、やっていないという状況です。動きと言うのは、結局は体感を確立することなのですから、どこかでロジックと感覚を結び付けなければならないのです。

これまでのレッスンでは、それはボールを何しろ数多く打つということだったのでしょうが、むやみに打つことで、正しい動きを習得できる確率と言うのは、非常に低いものなのです。つまり、できないことをどれだけ反復してもできるようにはならないのです。何故ならできるということがどういうことなのかを解らずに反復するということは、できたという判断ができないということなのですから。そして、いつもの様に打った結果の球を見て、できたできないの判断をすることしかできないのです。

人間の機能は非常に優れていて、習慣的に行っている事をパターン化して、オートマティックにコントロールするように脳内にプログラムを作成するのですが、残念ながら、正しい動きなのか、そうでないのかを判別する能力は持っていないのです。つまり、間違った動きでも何とかそれをパターン化してしまうのです。

それでも、ある程度スウィングはできるでしょうし、ショットもある程度までは上達するのですが、どれだけ練習を重ねたとしても動きそのものにエラーを起こす可能性が高いものをエラーを出さないようにすることはできません。

では、どういう傾向を持っている人が上達の進度が早いかと言うと、これまで自分がやってきたことにこだわらず、新しいことにトライできる人。そして、トライしようとしていることを理解し、自分の体が新しいことをやるということがどういう感じなのかをまず感じ、それを感じながら練習をして、それを育める人です。

こうやって説明すれば当たり前のことですが、これをできる人はなかなかいないのです。

言葉として説明すれば「なるほど、理に適っているな」と理解はできることなのですが、実際問題としては、これまでの練習習慣、これまで自分が大切と考えてきたことを切り替えるということですから、かなりの意識を持って望まなければ実行できないことなのです。

ですから、イップスになってしまった人、これまでのスウィングが「ゴルフだけが窮屈で、納得行かない」と疑問を感じていた人の方が、結果的に新しいことを受け取るモチベーションは高いので、上達する可能性は高いのです。

問題は、間違ったことを価値あることとして信じ続け、間違ったことを正しいこととしてやり続けることです。

数学の問題を何度やっても正しく解けないのに、頑張ってやり続けていればいつかは解けるようになるんだと、同じ方法で同じ事を来る日も来る日もやり続けても解けるようにはならないのと同じ事です。でも、ゴルフになるとそんな当たり前のことさえも解らなくなってしまっている人が数多く存在するのです。

間違った動きであっても、それなりに打ててしまったり、ときどき目を見張るようなショットを打ててしまったりしていると、(これまでの練習が、①時々出る、②良いショットを、③継続していれば、④いつでも出せるようになるだろうとの期待の元にやっていますから・・・・・)、なかなか正しいパターンであろうとも、受け入れ、実行することは容易ではありません。

実際、動きのパターンを替え、それを自分のものとして取り入れることができた最速の方はたった15分でできてしまったことも有りますし、3年やってもなかなか感覚が解らない人もいらっしゃいます。それは、身体能力やセンスというものではなく、冷静さと考える能力、そしてある意味ではトライする度胸なのかもしれません。

実際に結果を引き出せていないことを大切にするあまり、結果を引き出せることを受け入れないということが上達を妨げる一番の原因なのです。

そもそもできないことがとても重要なことであるかのように書かれ、人づてに伝わり、自分にも伝わってくる。

だから結果は出ないものの、やり続ければいつかはできるようになるだろうと頑張る。

なかなか変えられないということは、練習で全く異なることを意図的にトライしてみたところでこれまでのことができなくなると言うことではないのです。

なのに、何の良い結果も作り出せていないことを大切にして守り続けようとする。

結果が出ないことでも、やり続ければ素晴らしいものになると信じて疑わないことが練習だと信じている人が多いのです。

頑張ってるんだけど、できない。

そんなことが練習だと信じている人が少なくありません。

頑張る必要など無いのです。正しいことを正しく反復、継続することが大切なのです。

ですから、むやみに練習場に行ってボールを打ち続けることよりも、本当に何が正しく、何を優先に習得するのかを明確にし、そして、その正しいことを自分自身が正しくやるということはどういう感じのことなのかをしっかりと把握することが先決なのです。

何故なら、ボールもなく、クラブも持たない状態で自分自身が自分自身の感覚できちんとコントロールできないことを、クラブを持ってボールを打ちながらできるわけがないのですから。

殆どのゴルファーにとって、ご自身で練習する時間の方が、レッスンを受講している時間よりも圧倒的に長いのですから、何をすべきかをしっかり把握し、正しいことをできている自分を、自分自身が判断できないといけないのです。

そうなるためには、鵜呑みにせず、自分自身で情報を取捨選択できる判断基準を持ち、自分用の練習を確立することなのです。

そして、常に優先順位の高い要素を保つ中でできることを磨き続けることが大切なのです。

時間があるときに自分自身の練習について書き綴ってみると良いのです。

なんとなくわかっているつもりのことが、実際に自分自身で書き綴ってみると、わかっていないということがわかってくるのです。

その際、何をどうやって何の目的のためにどんな感覚を持って行うのか。そして、それが他の練習の何とどのようにつながっているのかということを書いてみると、何がわかっていて、何がわかっていないのかがより明確になると思います。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.