HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

「練習」とは何をどうすることなのでしょう?


「こういうドリルをやれば良い」などと言う、巷に溢れるレッスン書に書いてあるような次元の低いことをここで書こうとは思っていません。

また皆さんに「何をどうやるか」を知っただけで、それがとても価値に有ることであるかのような気分にもなって欲しくありません。

あるドリルを、どうやってやるのかという方法論がいかにも大切な事のように語られ、ゴルファーはそれをやっていれば上手くなると信じているようです。

そして、ドリルをやるときは、常にやり方を考えて、そのやり方を考えることがドリルの意味となっているのです。

それを私はドリルのためのドリルと呼びます。

そんなドリルはやればやるほど、やることが増えて、あなたのゴルフは上達への回り道をしている以外のなにものでもなくなるのです。

常日頃から、間違ったことを練習していることは、「無駄」なのではなく「マイナス」なのです。

つまり、ドリルも正しい方法で正しい手順を踏んで行っていたとしても、そのドリルを通じて

何を体験し

何を体感し

何を習得しようとしているのか

という、本来の「目的」を理解せずに行っても、何の意味も無いどころか、マイナスなのです。

このHPを通じて、私がゴルファーの皆様にお伝えしようとしていることは、掃いて捨てるほど多く存在する、人まねのドリルの羅列に更に拍車をかけようとしているのでは有りません。

実際、新しいレッスン書が発刊されても、内容に大差は無く、ドリルなど、何十年も昔から行われているような類のものか、或いは、ゴルフをより複雑にするだけのものが大半です。

何故そうなってしまうのでしょう?

それは常に「結果としての形を元にして、それをいちいちゴルファーが意識をして、能動的に作るのだ」という考え方に当てはめてゴルフを考え、ゴルフスウィングを説明しようとするからなのです。

そして、レッスン業界というのは、その枠の中での発想以外のチョイスを考えることはできないのです。あるいは、考える意思がないのです。

そもそも、物理的には動きは結果の形の羅列ではないですから、もちろんそうした誤った考え方に拘っていると、いろいろと歪みが生じるのは明らかなのです。

そして、もちろんいたるところで様々な歪みが生じているのですが、そこは『ゴルフは特別』という一言で処理してしまっているのですよ。

そして、ゴルファーの皆さんは、論理破綻からくる歪みを、『ゴルフは特別』だからそういうものだと、鵜呑みにしているわけです。

本当に、ご苦労なことです。

話を元に戻しましょう。ドリルの話でしたね。

バックスウィングでのシャフトの角度のレッスンの項目になると、結果的にその形を確認できるような方法を後付で考え出し、そのやり方を「とても良いドリルでござる」とすごいことであるかのように教えるのです。

中にはレッスン書に書かれている数多くの形に当てはまるドリルが有るということを売りにしているメソードまで存在し、それに価値観を持つゴルファーが居るのです。

そんなにたくさんドリルがあるよりも、いくつかのオールマイティーなドリルが有った方がずっと良いと思うのですが・・・

まあ、根本の考え方が、『断片的な部分の形』だから、それに呼応するドリルということしかできないのでしょうが・・・

こうした、論理破綻による歪みをありがたがってちゃだめですよ。

練習は

何をするのか?ではなくて

何のためのするのか?を正しい理解のもとに行わない限り、更に言えば

何を感じるために?そして、

その感じを自分自身のものとして確立するという目的をもって

行わない限り、単なる運動になってしまいます。

人間が動作を行うということは、その動作を通じて、達成したい目的が存在するから動作が発現するものなのです。

ゴルフの場合はもちろん唯一の目的、「ボールを意図したターゲットに意図した球筋で運ぶ」ために動作が発現すると言うことです。そうでなければ、効率の良い動きのコントロールは不可能といっても過言ではありません。

それは、いくら『ゴルフが特別』だとしても避けて通れない「脳は主目的に対して全体像をコーディネートする」という特性によるものなのです。

普段極めて無意識にしている細かな動作も、実はその動作を通じての目的が存在し、それに対して脳が動きのコーディネートを行っているのです。

いくつか例えを使って考えてみましょう。

あなたがA地点からB地点へ車を運転しているとしましょう。まずあなたは、AからBへ向かう様々なルートの中で、あなたはきっと、比較的道が空いていて、安全で確実なルートを選択しようと考えるはずです。そのマクロな目的の中で、曲がらなければならない交差点を思い出し、B地点に行くために右折をしたり左折をしたりするのでしょう。

多くのゴルファーがやっている練習は、行く先も決めず、ルートも決めず、ハンドルの切り方や、ウィンカーの出し方を考えて、「あわよくばB地点に到達できたら良いな」と考えているのです。というよりも、B地点へ、到達できると信じているのでしょう。

運転という日常行っている動作に照らして考えてみると、あなたが普段ゴルフで採っている行動で果たして目的地に到達できるのでしょうか?

日常、本当に無意識に行っている動作も実はきちんと目的を把握して動作を行っているのです。

PETボトルに入ったミネラル・ウォーターを飲もうと思うと、まず手にボトルを取り、キャップを開け、口にボトルを持ってくる。実際、無意識に行っているこんな日常動作も、ゴルフ・スウィングのように解説をすれば、非常に複雑な動きなのです。

しかし、殆どの人が(多分全ての人ですが・・・・・)目的を達成していれば、それで良いという判断基準を持っているのだと思います。ボトルの水を飲むときの肘の角度がちゃんとしていないと飲めないとは考えないでしょう。

これは、全身運動においても同様なのです。歩くとか走る、自転車に乗る、物を放る、日常無意識に行っている一つ一つの動作にも明確な目的が存在しているのです。そして、その目的が明確になっているからこそ、動きそのもののコントロールが潤滑に行われるのです。

こうした無意識に行われている動きの中に

本来の動きの目的とは係わりの無い

幾つかの体の部位の角度や使い方をチェックする意識を入れただけで

動きのコントロールは非常に複雑且つ、非効率的になります。

これが、本来の目的意識を全くイメージできないくらい(ゴルフの場合、本来の目的など端から意識する必要が無いかのように、教えられていますが)、多くのことをやろうとしたり、物理的に不可能に近いくらい困難なことをやろうとしてしまっているのですから、本来の目的が効率よく行えるはずが無いのです。それどころか、そもそも本来の目的を達成しようとしているような動きの質にさえならないから、何年もゴルフをしているのに、明らかに「変」な動きをしている人が少なくないのです。

それはゴルファー側の問題ではなく、間違いなく教える側の、レッスン書を、レッスン記事を書いている側の責任なのです。

人間はかなり優れた能力を持ち合わせいますから、放っておいても明確な目的を認識できればある程度の身体コーディネートをするのです。

つまりこういうことです。ゴルフ・スウィングの目的はボールを狙ったターゲットに、想定したルートからできるだけ外さないで運びたいのです。言ってみれば、雑巾を洗った汚れたバケツの水を狙った排水溝へ撒きたいのです。どれだけ、バケツを持った右肘のトップでの形が正しいと言われている形になっていようが、レッスン書に書かれているように肩が90°しっかり回っていようが、自分が水をかぶってしまったり、隣の家に水を撒き散らしてしまっていては何にもならないということです。

ゴルファーの困ったことは、自分が水をかぶってしまっていたり、隣の家に水を撒き散らしてしまっていても、「おかしいな」と思うだけで、その方法論に疑問を持ち、どうやったら、狙った排水溝に水が撒けるのだろうと考えるのではなく、同じ方法論で、奇跡的に上手くゆくことが起きるまでやり続けようとするのです。

私の考える練習とはそもそも

目的を遂行するために必要な動きを

自分自身が正しく行ったときの感覚を自分自身が常に管理でき

いつでも意図的に引き出せるようになるためにやることなのです。

それ以外の目的は存在しません。

つまり、目的とすることが「できている」感覚を自分自身が感じられるようになる、というマクロな枠の中に全てがフィットしていなくては何の意味も無いのです。

もしかしたら、トップの形を作る事が良いショットを生むためのエッセンスだったとしても(100%確実にそうではないですが)、それそのものを作ることがマクロな目的になってしまっては、結果は引き出せません。

ゴルフの練習は、常にゴルフのゲームの枠の中に当てはめる事を念頭に於いて行わない限り意味が無いのです。上で説明した目的を、一打でそこそこ行うということが、ゴルフのゲームです。

ダーツの練習をするときに、的を狙わずして、肘の曲げ方だけを練習したところで、効果は上がらないことは誰でも想像がつくでしょう。しかし、多くのゴルファーの皆さんの練習はそうした練習になっているのです。そして、それが余りにも的外れなことを練習していると言うことにさえも気が付いていないのです。

私の考えるドリルと言うのは、本来あるべき動きのパターンを自然に引き出すことができる物なのです。そして、私が皆さんになぜ「ドリル・ベースの練習の構築を考えなさい」とお伝えするかと言うと、動作を行うときにロジックで考えたところで身体はその通り動いてはくれないものだし、まれに動けたとしても再現性、正確性、高出力との同居はほぼ不可能だからなのです。

しかし、ドリルであればなんでも良いかというとそうではないのです。

ドリルそのものが本来の目的に沿って、本来の人間の体のコントロールを引き出すドリルでなければ意味が無いどころかマイナスにさえなるのです。

レッスン書に書かれた有る部分の有る形を確かめるだけのドリルでは、結果的にマイナスになることばかりと考えても問題ないと認識していただきたいのです。

こうした考え方に関する情報は、他の読み物で説明していますので、ご参考にしてください。

本当に正しいドリルを正しく実行しさえすれば

自分自身の体が正しい動きのパターンになってしまうことを感じ、認識し、取り入れ、頼って欲しいのです。

やっているつもりは何の効果も引き出しません。そして、そもそもの目的から外れたことをやり続けることはマイナス以外の何物でもありません。

正しい動きの感覚を自分自身の感覚で感じることで、自分自身にとっての正しさを感じられるようになるのです。

そして、それを感じることを続けることで、感覚の目盛は細かく、繊細に、そして正確になって行くのが人間なのです。

それができれば、写真の形を想像しながらスウィングし、いつまでたっても何がなんだかわからず「ゴルフは難しい」と悩み続けずに済むのです。正しい動きをしたときの感じがわかれば、間違った動きをしたときの感じも感じられる。つまり、ミスを未然に防げるということなのです。

正しい動きをしたときの感じがわかれば、間違った動きをしたときの感じも感じられる。つまり、ミスを未然に防げるということなのです。

練習の目的は、スウィングを通じての目的を、一打一打正しくできている感覚を事前に捉えられるようになることなのです。

そして、意図的に作った正しい感覚を保持したまま、一打一打その場で選択したことに対して「そこそこ」のショットを打てるようになることが目的なのです。

初めは殆どの生徒様が「打つ前に打てるような感じなんか感じられるわけが無い」と仰います。しかし、ゴルフ以外では、もちろん無意識ですが動作を起こす前に「できている」感じを感じているのです。殆ど全ての動作においてそうなのですが、あまりにも無意識に行っている事のため、気にもしていないのです。

他の全てのことでできるのに、ゴルフだけはできないと考える方がおかしいのです。本来無意識に感じて然るべきことさえも、余りにも無意味な、余りにも本来の人間の動きのコントロールの方法からかけ離れた方法で、ゴルフ・スウィングを作ろうとするので、人間の持っている素晴らしい能力を使う事さえままならなくなってしまっているのです。

細かい部分の形やシャフトの角度やフェースの向きなどを感じる暇があったら、本気で、長い棒を投げるような感じとは自分にとってはどんな感じなのだろうと感じることの方が当を得ているのです。

もちろん、最初から簡単に感じられるわけではないと思います。

しかし、感じようとしてれば間違いなく感じるようになります。

的を射たことを感じようとするということは、正しく動く感覚を意識すると言うことです。

それはつまり、自分自身が正しく動いたとき「これは正しい」、「これはできている」と感じられると言うことなのです。

ゴミ箱にゴミを放るときに、間違いなく放る前にゴミがゴミ箱に入った感じを感じているのです。だからこそ、安心して放れるのです。そして、こうした行動こそが自信につながるのです。

狙いもせずに、入っている感じも持たずに、下を見て、腕の後方への振り方を必死になってチェックしたところで、どれだけそれが完璧な形になっていたとしても、自信を持ってゴミ箱にゴミを放ることができないことぐらい、誰でも少し考えればわかるはずなのです。

効率の良い動きと言うのは、表面上に現れた結果としての形を模倣することではないのです。

また、動きが良くなろうとも、結局は自分自身が目的としている事を、事前にできている感じをつかめない限り、動きの効率は向上しません。

加えて、この事前の「できている」感覚が、メンタルに及ぼす影響は非常に大きく、例え、バック・スウィングの動きが悪かろうとも、例え、人が見たら変なスウィングだろうとも、打つ前に打てている人はゴルフのゲームに於いては、非常に優位な立場に立つことができるのです。

まあ、私に言わせれば、多くの人が良い動きとは何なのかということもわかっていないので(わかっているつもりの人はあくまでもレッスン書の受け売りを言っているだけで・・・)科学的な研究では、レッスン書に書かれている形が大事だという結果は全くサポートされていない、つまり、そういう事実はないと言うものなので、わかっていないということになるのです。

実際レッスン書で言われている或る部分の形が変であっても、もっと優先順位の高い要素がしっかりできていれば、それは動きとしては間違いなく良いものだと判断すべきことなのです。

もちろんその中には、単に表面上に現れた形などという、薄っぺらいものではなく、もっともっと本質的な人間の機能に起因する正しさ(例えば、やろうとしていることが、その場で創り出せ、事前にできる感じをしっかりと感じているとか)が含まれていなければならないと考えているのです。

なぜなら、そうした要素の方が、表面上の部分の形などよりも、間違いなく圧倒的に人間のパフォーマンスにとって、大切な要素なのですから。

ターゲットを真剣に狙って無意識にスウィングするとボールはそこへ行っている。そんな、ゴルファーになれたらよいだろうなと考えているのならば、そうなれるような練習をしなければ、どれだけ練習してもそうはなりません。

練習のメニューの良し悪しよりも、練習を通じて自分自身が何を得ようとしているのかが明確になっていることが練習の質を決めるのです。

どれだけ、時間をかけて、どれだけ球数を打っても、正しい目標に向けた適切な目的を持たない不毛な練習はいつまで経っても不毛なのです。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.