HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

ゴルフ界の『科学』と『理論』には要注意です!


人間の動きを科学者として研究してきた私から見ると、近年ゴルフ業界で『理論』或いは『科学』と呼ばれているものに、非常に違和感というか、憤りを感じます。

ビデオを使い、結果としての形を角度で表現する事に、取って付けた説明を加え『科学』と称しているのです。

辞書で「科学」と「理論」の定義を調べてみましょう。

「科学」とは

「一定の対象を理論や実証によって体系的に研究し、普遍的な真理を明らかにする学問」(2006、明鏡国語辞典)

「実験や観察に基づく経験的実証性と論理的推論に基づく体系的整合性をその特徴とする」(2007、デイリーコンサイス国語辞典)

とあります。

それでは、「理論」とは

「個々の事実・現象などを統一的に説明するために、筋道を立てて組み立てられた知識の体系」(2006、明鏡国語辞典)

「科学研究において、個々の現象や事実を統一的に説明し、予測する力をもつ体系的知識」(2007、デイリーコンサイス国語辞典)

です。

つまり、体系的に捉えるということが不可欠な要素であり、「~式」と言うのとは全く質を異とするものなのです。

ゴルフの動きを体系的に考えるために必要な事を簡単に列記してみると:ゴルフの動きとは

①人間が

②地球上で

③身体を動かした結果

④その力をクラブへ伝達し

⑤その力を利用してゴルフ・ボールを狙った地点へ移動させることです。

ということは、ゴルフ・スウィングを体系的に研究するには:

少なくとも

人間の能力を考慮し

物理を考慮しなければ

理解も説明もできるわけが無い

ということです。

ところが、既存のゴルフ・レッスンには、人間の機能を根幹でコントロールする、脳の機能と物理的な考慮が圧倒的に欠如しているのです。

的を射ていようがいまいが、ゴルフ・クラブを語るときには、モーメントが云々、周波数が云々(そうした話のすべてが、仮に本当にクラブが使用される状況においてそれらの数値が測定され、その精度を以て製品が製造されていると仮定しての話ですが)と口うるさく語るゴルファーなのに、自分自身がスウィングをするときには、そうした物理的な考慮が一切なされてないのです。

つまり、ゴルファーはいつの間にか与えられた情報の真偽は問わず、そのまま鵜呑みにすることに慣らされてしまったのです。

もちろん、ご自身のビデオを撮って現状を確認することが悪い事ではありません。

しかし、レッスンを受けて「$%が&!になっているから、もっと?#にしなくてはいけない」と指導され、「ほうほうナルホド」と納得をして、恰も問題解決ができたかのように喜んでいますが、果たしてあなたは、自分がどうしたらそうなるのかを指導してもらったのでしょうか?

実はそこに疑問を感じないことに問題があるのです。

つまり、多くのゴルファーがゴルフ・スウィングは表面上に現われた結果としての形を模倣することで上達すると、思い込まされているのです。

これまでのゴルフ・レッスンは脳と物理の機能を無視して語られているのです。

しかし、実際には人間の動作や行動の殆どは表面上に現れる形よりも、表面に現れない脳の行なっている仕事のほうが大きいのです。

それを無視しての形の説明がどれだけのことを説明でき、どれだけ技術の向上に役立つのかといえば、あまり期待はできません。

これまでのレッスンは、表面上結果として現れる形を模倣することがゴルフの上達するために必要なことだと語られてきているのです。

何十年も前のように、人間の目で見えることをベースにして指導をしている時代ならまだしも、様々な技術の進歩や、様々な学問分野の進歩があり、人間の行動や機能に関してもかなりのことがわかってきているにもかかわらず、ゴルフスウィングに関しては、前時代的な考え方が何一つ変わっていないのが現実なのです。

確かに、手を変え品を変えいろいろなプレゼンテーションの方法を駆使し、科学的なことをやっているかのように見えるかもしれません。

使っている機材は進歩していても、それを使って得た結果を分析、説明する側の根本的な知識や発想が全くといってよいほど変わっていないのです。

そのため、ゴルファーは自分自身の技術の向上に関しては、技術の進歩の恩恵などほとんど受けていないのです。

それだけではなく、逆に知る必要もなく、知ることで障害になるような情報まで『大事なことである』と言う風に提供されるのですから、負の効果を受けていると考えても良いくらいです。

そして、可哀相なゴルファーの多くは、いつまで経っても数多くのランダムに選択された部分のランダムな時の形を数多く意識的に作らなければならないという考え方を押し付けられ、信じ込まされているのです。

しかし、実際はどれだけがんばっても、どれだけ努力しても、慣れ以外では上達しない道を選ばされていることに気がついていないのです。

しかし、正しいチョイスをする権利は、常にゴルファー自身に有ることも紛れもない事実なのです。

この先も常に五里霧中の暗中模索を続けないためにも、あなた自身がきちんとした判断基準を身につけるください。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.