HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

動きを効率よく習得するための優先順位をしっかりと認識しよう


仕事から家事に至るまで、殆ど全ての物事に優先順位があります。

そして、その優先順位を無視して、物事を遂行しても、結果は惨憺たるものになるということは皆さんもご存知の通りです。

もちろん、ゴルフ・スウィングにも明確な優先順位が存在します。

残念ながら、これまでのゴルフの考え方、レッスン方法、レッスン書、レッスン記事、どれをとっても動きを形成する優先順位らしきものは明確にされていません。

ゴルファーがもっと上手くなりたいと、真剣に考え上達を目指して頑張ろうと一念発起すると、殆どの方は、まずはレッスン書やレッスン記事を手にし、椅子に座り活字を読みふけるのではないでしょうか。

そして次に練習場に通い、本を読んで自分が「これだ!」と気に止めたものを試してみるのでしょう。見開き2ページ1項目という、本の構成にしたがって、あなた自身も一つ一つの要素を箇条書きにして行ってゆくのでしょう。

さて、レッスン書を手にすると、各項目毎に、その説明を裏付けるような写真が掲載されているので、読み手は「なるほど!」と納得するわけです。

レッスン書一冊を通読してみると、写真入で、読めばそうとしか捉えられない内容の連続で、非常に理解がし易い・・・・・というか、わかった気にさせてくれるのです。

しかし、一冊を振り返ってみると、どうもスウィングの全体像が見えてこないばかりか、どれもこれも並列的で断片的で、それぞれが最重要課題のように感じられるのではないでしょうか。というよりも、そういう考えに至っている人が少ないのかもしれません。

一冊のレッスン書に大体150~200項目は掲載されていますから、それが並列的に大事であれば、2秒に満たないゴルフ・スウィングを行う間に、それだけのことをゴルファーはコントロールしなければならないということになってしまうのです。

「そんなことが可能なのだろうか?」などと言う疑問も持たず、気になったことから、或いは、片っ端からとにかくやってみる。そうすると、やればやるほどやることが増えるばかりで、一向に自然に動けるようになどならないのです。

私は、歴史が苦手で(というか、高校時代に全くといってよいほど、歴史に興味が無く、勉強をしなかったのですが)、歴史に関する知識は自慢ではないですが、ほぼ0に等しいのです。

しかし、大人になってから、歴史を学びたいと思い、どうせやるなら初めからということで、まずは縄文時代、弥生時代と時代を進むのですが、いつも大化の改新ごろになると情熱が薄れてしまい、結局は何も身に付かずに終わってしまっているのが現実です(まるで皆さんのゴルフのようですね)

きっと、歴史を理解するには、もっともっと大まかな歴史の本流を理解、確立した後に、その本流の枠の中での細かい歴史を学べば良いのだろうと思いますがどうでしょう。

さてゴルフの話ですが、並列的に重要な要素が多数存在すると思い込んでいるゴルファーにとっては、優先順位の高い動きの要素を確立し、動きの本流を身につけることなど、夢のまた夢で、情報過多の奔流に飲み込まれてしまうのです。

どうもゴルファーの頭の中で、ゴルフ・スウィングを何をするために行うのかという、本質的な目的に則して動きをコントロールするということが皆無のように感じるのです。

それでは、練習場でむやみやたらにボールを打っていれば打てるかもしれないですが、一打で狙ったターゲットに向かってボールを運ぶと言う、ゴルフのゲームの本質のところでは、効率の良いパフォーマンスを発揮することは不可能になってしまうのです。

要するに的外れの試験勉強をして試験に望むようなゴルファーが圧倒的に多いのです。

まあ、レッスン書自体が、試験に適した参考書とは決して言えないような代物ですから、ここで私がお話しているようなことをきちんと把握をしてゴルフに臨むということは極めて難しいことなのかもしれません。

実際、一打一打の状況が毎回変わり、それに適応することがゴルフのゲームの本質でゴルファーに問われていることなのですから、ゴルファーが意図的にコントロールしなければならない動きの要素は少なければ少ないほど良いと言うことはお分かりになると思います。

ですから、初めから、

ゴルフ・スウィングを成り立たせるために必要不可欠な動きの構成要素の優先順位が高いものから確立してゆくことが

動きの習得の効率の向上にも

パフォーマンスの効率の向上にも

長期的なパフォーマンスのメンテナンスの効率の向上

にも寄与することは確実なのです。

そこそこのショットを行うための動作の要素として、必要不可欠なものは大きなものが2つあります。もちろん、その2つの下には数々の要素がまた優先順位を持って存在しています。

これまでのゴルフ・レッスンの説明のように100を超える並列的な細かな要素が無い代わりに、この2つの要素の存在は、絶対不可欠なのです。

逆に言うと、この2つさえ常に行っておきさえすれば、それほどとんでもないことにはならないということなのです。

実際、そんな夢のような要素が存在するのです。

それは、私の知る限りこれまでのどんなレッスン書にも書かれていません。

そして、考えてみても、実際に普段の動きの中では、極めて自然に、無意識に身体が行っていることですから、答えは出てこないでしょう。

私のレッスンでは、何よりも優先してこの要素を確立することにフォーカスを持って練習をしていただきます。

この、優先順位1位と2位の要素を確立できない限り

何を行っても、あなたのゴルフ・スウィングのパフォーマンスはなかなか向上しないだけでなく

懸命に上手く打てるようになったとしても、常にエラーをする可能性の高い動きの質とお付き合いをしなければならず

習得したと思ったことをキープすることさえも難しい

ということに直面するのです。

それだけではなく、非効率的な動きというのは、もちろん動きとして無駄が多いということですから、年齢とともに低下する体力や筋力によって、同じ動きを実行すること自体が不可能となり「ゴルフ辞めますか?スウィング替えますか?」という選択を迫られるということになるのです。事実、そうしたゴルファーが少なくないのです。

数少ない、非常に大切な要素をしっかりと確立することが何しろ効果的な方法ですから、巷によくあるレッスンのように、実際のレッスンは日替わりメニューにはなりません。

「今日は何をやるの?」「明日は何をやるの?」と、色々なことをつまみ食いすることが上達へ結びつくことであるかのような感覚を持っているようなゴルファーが少なくないのですが、実際に必要なことはレッスン書に書いてあるような細かい形を次から次へと練習することではありません。

実は私は、生徒様の中では「なかなか褒めてくれない」と評判なのです。

一つには、できていないことを褒めることはできないし、もう一つは、できたときに褒めても、その動きをしている人自身が違和感を感じている動きであれば、「褒められている」とは感じないということがその理由だと思います。

もちろん私だってできているときはしっかりとお褒めしていますよ

ゴルファーの方がしばしば「どうしてもできない」というコメントを口にしているのを耳にしますが、実際にどうしてもできないことがレッスン書の中では誰もがやっていることのように説明されていることも少なくありません。

バック・スウィングで右ひざを止めて、下半身が流れないようにしながら上半身を水平に回し体のねじれを作るというのも、その一例です。

それに対して、私が皆さんにご提供することで、「できない」ことは一切ありません。

間違いなく、ゴルフ以外の動きの中では、ゴルファーでさえ極めて自然に、非常に効率よく行っている動きなのですから「できない」わけは無いのです。

「やらない」「やっていない」だけなのです。

そして、「できない」と感じる「やっていない」の原因は、これまでの凝り固まったゴルフに対する考え方と、これまでのあなたがボール上手く打てるのはこういう動きなのだと、知らず知らずのうちに作ってきてしまった間違った感覚なのです。

何しろ、早く優先順位の高い動きの要素を身につけることにフォーカスを持って練習に励み、優先順位1位と2位の要素をあなた自身の感覚として確立していただきたいと考えています。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.