HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

人間が何かを習得するにも適応するにも時間が必要なのです


ゴルファーの多くが「ゴルフは難しい」と異口同音に口にします。

しかし、そう口にしている割には、実際の行動が「難しい」ことへ対応しようとしているとは思えない行動をしばしば目にします。

コンサルティングを受けて「全てを白紙に戻してやり直したいのです」と新しいことにチャレンジしているにもかかわらず、2~3ショット試してみて、これまで自分自身が何年もかけて培ってきたことと、並列に比較をし、それを簡単に上回っていないと、方法論として「自分には合っていない」とやめてしまうことも少なくありません。

甘く考え過ぎだよ、なめてんじゃないよ、と、トーナメントプレーヤーの方々は笑っていることでしょう。

それも、新しい、正しいことが自分にとってどんな感じなのかを掴むこともせず、何しろ「まず打ってみる」。そうやっていれば、できてしまうのではないかと安易な期待をしているのでしょう。

もちろん、皆が皆それをそう意識してやっていると言っているわけではありませんが、結果的に練習習慣がそうなってしまっているということに気づいていないのは確かなのです。

「全てを白紙に戻してやり直したい」かったの?と思うわけです。

「全て」ということの中に、練習習慣も判断基準も全て入っているのですよ。

単に、どこかの動きが少しだけ問題があるなどというレベルのゴルファーは極めてまれなのです。

実際にはそうでないとしても

考え方も

咀嚼の仕方も

知りたいことも

大切に考えていることも

練習習慣も

殆どゴルフに関するすべてのことに問題がある

と考えて臨んだ方が、間違いなく早く正しいことを作ることができるのです。

なぜなら、そう考えれば、悪癖という強力な妨害者がいなくなるので、プロセスを極めて効率的に進められるからなのです。

ゴルフ雑誌の記事で、「世界の一流選手はこう打っている」というレッスンがあると、自分も言葉どおりにすればすぐできるのではないかと、すぐにフルショットで試してみる。それもかなりの結果を本気で期待して行なっている人が少なくないのです。

そんなわけないじゃない!!

これは、言い換えてみればスケート靴を履いて、何とか転ばずに前に真直ぐ滑ることができるようになった人が、いきなり4回転ジャンプができると思い、試みてみることとなんら変わりがないことなのですが、ゴルフだとあり得そうな気がしてしまうのでしょうね。

そして、悪いことに、「挑戦」するのではなく、実際に「できそうな気」を持ってやっているところに大きな問題があるのです。そんなにおいしい話はどこにも存在しないのです。

こんなところでも、「ゴルフは特別」と極めて都合の良い解釈をすることが少なくないのです。まずは、常識的に考えましょう。

人間、何かを習得するためには必ず適応時間が必要です。

そしてその適応時間は均一ではなく

「現状」と「適応しようとしているもの」のギャップの大きさ、そして

「方法論の正しさ」

に大きく影響されるのです。

(ギャップが大きい=必ずしも表面上に現れる形が大きく異なっているということではありません。考え方、意識、感覚全てにおいてのギャップです。

実際、これまで自分がやっていたこととは全く違うことをやるよりも、これまでの動きに極めて近いけれども、少しだけ変えて微妙な調節をすることのほうが、技能的には難しいのです。)

つまり、自分自身の持っている「現状」に「適応しようとしているもの」を受け入れるベースがあるならば、比較的適応時間は短くて済みます。一方、全くそうしたベースが存在しない場合は、適応時間は長くなります。

更に、「適応しようとしているもの」を受け入れられるベースが無い限り、どれだけ時間をかけても適応できないのです。

だからこそ、せっかくのスウィング改造の決断を無駄にしないために、動きの全体像を正しく把握し、優先順位を明確にして動きを構築してゆく必要があるのです。

例えば、スウィング全体のパターンが、ゴルフ・クラブと喧嘩をし(つまり身体が作った力が効率よくクラブに伝達されることで、スウィングが成り立っているのではなく、クラブと身体の力が葛藤を起こしながらスウィングをしていると言うことです)、なんとか腕や手の力でクラブを操ろうとすることで上手く打つ感覚を作ってきたゴルファーが、どれだけ、クラブを自然に走らせられるグリップを習得しようとしても、物理的に不可能なのです。

そうしたゴルファーにとって第一に必要なのは、当たらなくても構わないからやってみるということです。そして実はその態度がとても大切なのです。

スウィング改造を効率よく進めるためには、実は、「上手く打てなくても全然OK」という気持ちが大切なのです。

なぜなら、スウィング改造における最も高いハードルは、実際には良い結果を引き出していないにもかかわらず存在する「上手く打てる感じ」なのですから。

一方、仮に「適応しようとしてるもの」を受け入れるベースを持っていたとしても、方法論が間違っていては、適応に必要な時間は極めて長くなります。

それだけでなく、適応できない可能性もありますし、下手をすると、既に培ってきた「正しいベース」さえも壊してしまう可能性が存在するのです。

きつい言い方ですが、概してアマチュアー・ゴルファーの傾向はここまで突っ込んだ練習はできていないので、実際には何を習得しようとしても、何らの改善も促さないのです。

つまり、「やっているつもり」でただ単に打っているだけで、「やれているつもり」だけれども「やっていない」のが多くのゴルファーの現実なのです。

そもそもは、練習の考え方の問題で、これまで培ってきたものを保持したまま何かを変えようとするのですから、根本的に培ってきたものが間違っていた場合、一生間違ったままのゴルフ人生を送ることになるのは当たり前のことなのです。

この、これまで培ってきたものを保持したまま何かを変えようとするのが成り立つのは、唯一これまで培ってきたことが正しかった場合なのです。

残念ながら、こうした例は極めてまれなのです。

なぜなら、頼りにしていた既存のゴルフレッスンの根本が論理破綻しているのですから、それを信じきって練習してきた人の殆どが保持するべきものはないと考えても良いのです。

実際には大して大切でないどころか、上達を妨げていることでも、本人がとても大切なことだと信じこみ、固執してしまえば、何をどんな方法でしようが、結果を引き出すことはできないのです。

レッスン書やゴルフ雑誌には、随分とおいしい話ばかりが毎回掲載されていますが、実のところはそんなおいしい話が存在するわけもなく、優先順位を明確にし、正しいことを正しい方法でしっかりと適応に必要な時間をかけて練習してゆくしか上達への道は無いのです。

何しろあなたが実際に動きを習得するためには、脳がパターンを構築して、その指令を神経系を通じて筋肉に電気を送ることで動きを作るのですから、その場で何発も打って出た結果なんぞ何の価値もないと考えた方が理に叶っているのです。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.