HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

ゴルフは覚えたことを何とか思い出しながらやるのですか?

それともその場で創りだすのですか?


ほとんどのゴルファーはスウィングは覚えるものと認識しているのではないでしょうか。

スウィング中の事細か(に思えてしまう・・・)な角度や形、身体の部分の使い方を懸命に記憶し、思い出そうとしているように思えるのです。

まあ、そう誤解しても仕方ないような書き方していますからね、ゴルフレッスン書は。

そして、事実アマチュアーゴルファーの皆さんとの会話の中で発せられ実行されているのはそうした発想のものが極めて多いのが現実なのです。

その考え方からすれば、当然、トーナメントプロになればスウィングは覚えているはずですよね。

あれだけ素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるPGAツアーの選手になれば、もちろん、すべてを覚えているはずだと考えざるを得ませんよね。

にも関わらず、トーナメントの放映を観ていると(日本のトーナメント中継ではこうした私が考えるとても大切な部分は割愛されてしまってい場合が多いですが)、やはり各ショットの前に入念に素振りをしているではないですか!!

それも平らなところで真っ直ぐ打つようなショット(つまり、アマチュアーゴルファーが大前提と考えているような類のショット)に於いてさえも入念に素振りをしているのです。

なぜ?不思議に感じたことは無いのですか?

それを見て、どうも記憶しているということとは少し違うことだとは考えられないでしょうか?

もしかしたら、そんなにすべてを覚えなくて良いのではないかと考えざるを得ない場面を頻繁に目にするのです。

ゴルフを練習を一生懸命して、上手くなろうとする。

そうすると

①たくさんのボールを打って上手く打てる方法を覚えようとする。

②レッスン書を読みあさり、書いてあることをひと通り覚え、思い出しながら、ボールを打ってみる

③レッスンプロからレッスンを受け、言われた通りのことを何度も繰り返そうとする

まあ、この③通りぐらいのことしか思いつかないのではないでしょうか。

どれも一長一短で、どれが特に優れていて、どれが極めて劣っているというものでもありません。

しかし、どの方法論を選んだとしても、必ず知っておかなければならないことは、

自分が何のために

何をどうやってどういう意識を持ってやろうとしているのか

を明確にすることです。

そして、それを実行した時に自分がどんな感じになるのかということを、やろうとしている目的を達成するという感覚の中で捉えるということです。

こうしたことは、どのレッスン書を見ても書かれていないことですが、実際に行動を起こす際に極めて重要であることは間違いありません。

言い換えてみれば

料理をするときに献立を考える。

試験勉強をするときに何の科目の何についての試験があるのかを知っておくということと同様

のことですから、もちろん知らないで練習をできるわけがありません。

しかし、困ったことに多くのゴルファーがこうした

極めて基本的なことを意識せずに、

単なる振り方や部分部分の形を作ることや、

ボールに上手く当てることを目的に

練習をしているのが現実なのです。

そして、目的を明確にしないまま、反復練習を繰り返し、上達しようと考えているのです。

有り余る時間とお金と努力を惜しみなくゴルフの上達のために費やせるとしましょう。

毎日毎日練習場に通い、

一日500球ほどのボールを打ち、

ラウンドも週に3ラウンドくらいこなし、

それを3年間続けることができる状況に有る

ならば、それで上達する可能性がないとは言いませんが、それでも私はそれを得策とは考えません。

慣れで、ボールを打つ感覚を覚えている人は、大体が練習をしなくなったらきちんと打てなくなってしまいます。

これは、アマチュアー・ゴルファーに限らず、プロ・ゴルファーでも同様です。

また、どれだけのゴルファーがそれだけ恵まれた(?)環境に置かれているかというと、ゴルフ人口全体の5%にも満たないのではないでしょうか。

多くのトーナメントプロやインストラクターがある期間そうした状況下で自分自身が修練を積み、上手くなったという過去のある人ですから、こうした考え方に疑問を持たないどころか、それ以外の方法論を構築するということへの価値観を感じないのかもしれません。

できるだけ少ない時間で、できるだけ少ない投資で、できるだけ少ない努力で正しい動きを習得するということが、いわゆる「効率の良い」習得方法だと考えます。

そのためには、そもそも

ゴルフ・スウィングそのものを習得しようとしているのか

ゴルフと言うゲームを楽しむためのツールとして、ゴルフ・スウィングを習得しようとしているのか

という、根本的問題にまで遡って考える必要が有るのです。

どういうことなのでしょう?

ゴルフ・スウィングという動作を通じて、ゴルファーはボールを打とうとしているわけです。

ボールを打つ練習をすると一言で言いますが、そもそもそれはどういうことなのでしょうか?

練習場で多くの方が練習しているように、多くのボールを打って狙ったと考えているターゲットにボールが行くまで打ってみて、ボールが(偶然でもなんでも)ターゲットに行ったらできたと考えるということなのでしょうか?

それとも、実際ゴルフのゲームの中で要求されているショット、つまり、一打で、毎回変わる状況とターゲットに対してそこそこのショットが打てる能力を習得しようとしているのかと言うことです。

私が皆様にお伝えしようとしているゴルフ・スウィングは、もちろん、後者です。

ゴルフはそれこそ毎ショットが異なるショットで、一生を通じて二度と同じ状況でのショットが無いと言われるくらい、ゴルファーが要求されるバリエーションは無数に存在するゲームです。

それに対応するためには、ゴルファー自身がその場その場で自分自身が何をするのかを決定し、自分自身の身体がその意図に則ってやろうとしていることを引き出せなくてはならないのです。

既存のゴルフの考え方では、まずは真直ぐ打てるようにならなくてはいけないと考えていますが、私はそうは考えていません。

私はかなり早い時期にボールを曲げるということを意図的にレッスンに導入します。

それはなぜかというと、動きをコントロールするシステムをより単純にするためなのです。

多くのゴルファーはレッスン書に書かれているように、ただ単に真直ぐ打つためだけでも、様々なクラブの角度や身体の部分の形を全て覚え、思い出し、考えながら打たなければ打てないと(意識的であれ無意識であれ)いけないと思い込まされています。

その発想で考えると、意図的にフックやスライスを打とうとしたら、それこそやることが多くなりすぎてしまって、ボールが打てる気もしない、と考えるのでしょう。

そうした考えでゴルフ・スウィングを捉えている人にとっては、私がここでお話しようとしていることは、俄かに信じられないでしょう。

つまりは発想の転換なのです。

それも、もちろん科学的に人間の機能を考慮して、効率を考えた時にたどり着く発想の転換です。

真直ぐ打つ、

意図的にフックを打つ、

スライスを打つ、

高い球を打つ、

低い球を打つ。

結果としての形をゴルファー自身がコントロールすることが、ゴルフ・スウィングだという発想の元に成り立たせるのなら、もちろんこれら全ては別物になります。

しかし、私は、これら全てのショットを同レベルのものとして捉える発想を持つことで、ゴルフ・スウィングの全体像が、単純なものになるということを考えていただきたいと言っているのです。

例えば、殆どの方が、バケツの水を真直ぐ、右、左、高く、低く、いとも簡単に撒くことができるはずです。

バケツの水に限らず、様々なスポーツや日常生活の動きの中で、ゴルファーでさえも、ゴルフ的に考えればかなり複雑な適応をその場でいとも簡単に行っているのです。

ゴルフでは考えもつかないほど高等で緻密で繊細なコントロールを、人間はいとも簡単に行なっているのです。

であれば、「ゴルフだからできない」ということは無いのです。

でも、『ゴルフは特別』だから、まずは真っ直ぐ打てなければダメなんだという考えに頑なにこだわりますか。

もし、そう言ってはばからないのなら、このHPはあなたにとって何の役にも立ちませんから、読むだけでも時間の無駄でしょうから、即刻読むのを中止して、即座に練習場に向かい、闇雲に、偶然にまっすぐ球が打てる確率を上げる努力をしてください。

さて、これで、何でも鵜呑みにして、自分自身の首を締め続けるゴルファー読者はいなくなったわけですね。

では話を元に戻しましょう。

ゴルフ以外のことでは、(ゴルフ的に考えれば)極めて高度で極めて複雑で、普通の人は試すことさえはばかられるようなことをいとも簡単にできているわけです。

ゴルフでも、発想を転換し、ゴルフ・スウィングを自分自身が的を射たコントロールをしさえすれば、可能どころか、様々なことが単純に簡単に実行できるようになるのです。

そして、それができれば、もちろん、一打一打に対して、自分自身が設定したイメージに対して、正しい動きを引き出すことが可能になる道が開けるのです。

どれだけ、覚えようとしても、実際に覚えたことだけでは大したゴルフはできないと考えた方が理に叶っているのです。

覚えたことを思い出してゴルフをするという考えを是認する前に、最低限次のことを検討してみるべきでしょう。

100歩譲って覚えようと考えていることが本来本当に覚える価値があるものなのかという根本的な疑問は度外視しても、

①覚えたことを、適切な時に適切なことを思い出せるのか?

②形や言葉で覚えたことをその都度思い出したことを、実際に実行できるのか?そして、

③それが実際に実行できるということを、事前に確認し自信を持ってショットに臨めるのか?

ということです。

何故なら、これら3つの項目に、自信を持って「はい」と答えられない限り、何の意味もないのがゴルフというゲームなのですから。

PGAでプレーしている選手。とりわけ、メジャーに勝っている選手は世界でもトップに君臨するゴルファーです。

もし、一般のゴルファーが毎回きちんと打てる動きを覚えることができるのなら、彼らが覚えていないわけは無いのです。

そして、覚えているのなら、素振りと言うリハーサルをする必要は無いのですよね。

にもかかわらず、そうしたレベルのゴルファーが、各ショットの前に、しつこいくらいに素振りをしているのは何故なのでしょう。

レッスン書にはここ何年か「プレショット・ルーティン」が重要だという記事が頻繁に見られるようになりました。

そして、その記事には懇切丁寧にルーティンの順番と、何をどうやって何回やるかまで説明してくれているのです。

多くの人にとっては、PGAプレーヤーの素振りも、そのレッスン書に書かれた「プレショット・ルーティン」にあたるもので、毎回同じ事を同じ手順で行うことで準備しているのだとお考えなのでしょう。

しかし、本当に、何をどんな手順で何回やるかとうことが目的なのでしょうか?

それが真実であったとしたら、何故、状況によって素振りの回数や、素振りの質や、素振り以外の行動が様々なのでしょう?

これもまたレッスン書の悪い癖で、先にストーリーを作り、それに当てはまることにしかゴルファーの目を向けさせないように仕組んでいるのでしょう。

だまされないでください。鵜呑みにしないでください。

「プレショット・ルーティン」という、名前も、レッスン書における定義も覚える必要も、知る必要もありませんから、これだけは覚えておいてください。

やろうとしていることを本気でやり遂げようと思ったら、当たり前のように事前に自分自身がそれをやれる感じをしっかり作っておきたいと感じ、そのための行動をとるものだということなのです。

覚えたことを一所懸命思い出す努力をする余裕が有るのなら、実際に効果のあることに努力した方がずっと良いのです。

いくら、世界の一流プレーヤーだからといって、起こりえるすべてのショットのパターンを練習しているわけではないのです。

では何をしているかというと、極めて重要な要素を毎回きちんと実行するという前提条件を守った中で、その場その場で行うショットの感覚を、事前のプロセスにおいて、自分自身が「動き」、「感じ」、「できる」感覚を引き出しているのです。

そんなことを考えたことも、したこともないゴルファーにとっては、雲をつかむような話でしょうが、実は皆さんもゴルフ以外では当たり前のようにやっていることなのです。

ただ、ゴルフは特別だからそんなことよりも部分の形のことを覚え、思い出しながら、考えながら打つのがゴルフなのだと誤解させられているから、気づいていないだけのことなのです。

これは、ゴルフに限らず、スキーや飛び込み、カー・レースに至るまで、自分自身がコントロールできるゲームに於いては、必ず実際の動きを行う直前にイメージを持ったリハーサルをすることで、意図的に行おうとしていることをその場で引き出しているのです。

つまり、レベルの高い人とそうでない人では、実際に動作を司るために、自分自身がフォーカスしている要素が全く異なっているということなのです。

これは何もレベルが高いから可能なのではなく、そうしたコントロールの仕方をしているから、レベルが高いのだと考えるべきなのです。

的を射た意識を持ち、それを意図的にコントロールすることで、やりたいことを引き出せるゴルファーになることを目指してゴルフ・スウィングの習得に努めれば、毎日毎日フィジカルな練習をする必要な全く無いのです。

実際、あなたはゴルフ以外の動きでは、それをいとも簡単にできているのですから、ゴルフでできないはずは無いのです。

しかし、発想の転換と、的を射たことへの意識のフォーカスは必要不可欠なのです。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.