HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

どうやったら良いレッスンと巡り合えるのか?


例えばあなたのご子息に家庭教師を付けるとします。

あなたはそこの家庭教師がどのようなバックグラウンドを持っているのか知りたいと思いませんか?

ゴルフレッスンも同じではないですか?

あなた自身が通っている練習場に所属しているから当たり前のようにその人に習ってしまう。

ゴルファーって、自分よりも明らかに「すごい球(まあ、何を「すごい」の判断基準にするかは、ゴルファーのレベルによって随分感じ方が違うものですが・・・・)」を打つ人のいうことは何でも聞いてしまう傾向が強いのです。

でも、練習場のインストラクターでもゴルフのプレーヤーを目指して生きてきたのですからもちろんそれなりの時間をボールを打つことに費やしてきたのです。

ですから、あなたよりも「すごい球」を打てることは当たり前といえば当たり前なのです。

そういうの、ゴルフ以外で言うと、「こけおどし」って言うんじゃなかったでしたっけ?

さて、ではどうやって自分自身にとって良いレッスンに巡り逢うかを考えてみましょう。

本当に良いレッスンに巡り合うまでは何人ものプロのレッスンを体験することが必要になるかもしれませんし、実際のところあなたのお眼鏡にかなう人が、あなたのお近くにいらっしゃるかどうかは定かではありませんが、少なくともその人からレッスンを受け続けるのかどうかを判断することは可能です。

①レッスン中にあなたに伝えることが二転三転するインストラクターは絶対避ける。

②あなたが持った疑問に対し、あなたが納得するまできちんと説明してくれる人は候補に残す。

③何度も何度も同じターゲットに向かってバンバンボールを打たせて、良い珠が飛び始めたら「ほら、良いでしょ」などと言う人は避ける。まあ、褒められることは嬉しいので、できていなくても褒められれば良いとか、上手くならなくても気分よく時間が過ごせれば良いと考えているならば候補に残す。

本当にわかっている人は、問題点を発見する能力に非常に長けているはずですから、何度も打たずとも、一度の素振りや、一発のショットを以て十分判断できるはずです。

④このHPの読みものに書いてある中で、あなたが完全に理解し納得したことを質問としてぶつけてみる。そしてその答えをあなた自身が評価する。

⑤バックスウィングのクラブの角度や体の部位の形などの話ばかりするインストラクターは避ける。

⑥今日はこれ、次回はこれと、いろいろとやることを変える人は避ける。そもそも、レッスン書に書いてある項目の数ほど習得しなければならないことは多くないのです。実際、絶対に習得しなければならない要素は多くても5つ。本当に不可欠なことだけを習得するだけでも、驚くほどのパフォーマンスができるのが本来のゴルフなのです。

⑦私のところへ来る。これは間違いないです。でも、なかなか、厳しいですよ。

どこでレッスンを受けるにしろ、プロの言うことだから全て正しいと鵜呑みにする癖をなくし、自分自身で情報の正しさを判断できるようになる事が大切なのです。

何故なら、何でも鵜呑みにして構わないほど、ゴルフレッスンは正しいことばかりではないのです。

そしてその多くの人間としての非常識で不条理なゴルフレッスンの常識の犠牲になるのはあなた自身なのですから。

解らないことは聞く。

説明されても納得できないことは食い下がって納得できるまで聞き続ける。

教える側にはそれを説明する義務があるのです。

仕事なのですから、責任を持って教えるべきなのです。

自分自身がわかっていないことを受け売りで教えているプロだって少なくはないのです。

あなたよりも上手く打てるだけで、ゴルフに関しての知識はあなたと同じレッスン書から仕入れているプロだってたくさんいるのです。

あなた自身はあなた自身が守るしかないのです。

あなたのゴルフの未来のために。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.