HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

キー・ワードは「徐々に」です


練習してもなかなか上達できない。

正しい動きをしているつもりなのに、結果が出ない。

それは

練習になっていない

正しい動きをしていない

というのが明らかな答え。

本来は人間の体が自然にやっていることを、既存のゴルフの枠に自分自身を閉じ込めて来てしまったがために、ゴルフでは自然なことができなくなってしまっているのです。

つまり、現状では「ゴルフの自然=人間の不自然」ということが成り立ってしまっているのです。

既に皆さんがご存知のように人間の脳は動きが正しかろうが、間違っていようが、習慣的に行っていることはパターン化をします。

脳がパターン化してくれたからと言って、その動きが常に正しい動き=エラーの少ない動きになるかというと、そうでは有りません。

つまり、いくらやってもあるレベルから上達することはあり得ないことに、時間と努力とお金を費やし続けていることになっているのです。

さて、間違った動きをパターン化してしまったゴルファーにとって、唯一の改善の道は「正しいことを、徐々にやり続けること」です。

頭では理解していることでも、体はすぐにできるものではありません。

つまり、話を聞けば至極当たり前と納得できることでも、体はそんなに柔軟に対応できないということなのです。

ボール投げなら、近くへ放るのでも、遠くへ放るのでも、右へ投げるのでも左に投げるのでも、同じパターンの動きで、何の意図的な切り替え無しに対応ができるのに、ゴルフは形を作ると信じているから、本来の人間の能力を使わずに何とかロボットのように精密にやろうとしているのです。

さらに、強くやろうとすると、できているのかできていないのかも、正しい動きが自分にとってどんな感じになるのかも感じられないようになってしまっているのです。

自分自身の体のことなのに、そのことを感じられないなんて本当に悲しいことです。

実際、自分の手がどの方向を向いているのかさえ、目で見て確認しないと解らないというゴルファーが多数存在するのです。

しかし、そんな人でも、ゴルフスウィング以外の動作では、「あなたの手が今どの方向を向いていますか」とお聞きすれば、それはもちろん分かるのですよ。

つまり、どうでもよいことにむやみに意識を使ってしまうことで、本来簡単に感じることができることでさえも感じることができなくなってしまっているのです。

ボール投げで、遠くへ放ろうとするときに、(ゴルフで言う)バックスウィングが強くなってしまうと異常な違和感を持つ。

それは、本来のボールを前へ投げようという目的に即していないことを体が即座に感じるからなのです。

本来ゴルフでも同じことを体は感じるはずなのですが、目的意識がずれてしまっているからそれを感じられない。

「ボールにちゃんと当てよう」、「遠くへ飛ばそう」=もともとの動きで何とかしようとする=今までと同じ感覚で動きを感じようとする=正しい動きが自分自身の身体に作り出す感覚を感じられない、ということが起きてしまうのです。

強くやらないと練習した気にならない。

早く上手くなりたい。

動きを根本から替えたいのに、結果は端からこれまでの結果を下回ってはいけない。

そんな気持ちが実際には、結局はこれまでの動きで何とかしてしまう自分を替えられない原因になっているのです。

動きが替わればボールを打つ感じは変わります。これは当たり前のことですよね。

特にこれまで部分の形のことばかりを考えてきたゴルファーにとっては、全く以て違う感じになるはずなのです。

そしてもちろん、当初は当たる気がしなくなってしまうのです。なぜなら、本来の正しい動きを以てボールに当たるという感覚は、自分で形を考え、先端を動かす感じとは全く違うのですから、当然のことなのです。

それでも、正しい動きをすれば、実際にはちゃんと当たるのです。

そして、それを納得できるところで、つまり、いきなり強くスウィングをするのではなく、弱く、できていることを確認しながらやるというのが遠回りなようで、あくまでも近道なのです。

そして、常にそれを感じながら行うのです。

それを通して、「正しい動き」のあなた自身の感じを確立するのです。

そして、それから徐々に強さを表現してゆくのです。

実際は意図的に強さを表現しようとしなくとも、その感覚が保てる範囲で練習を続けることを守っていれば、人間の身体はその動きに慣れてくれば自ずと強さを表現してくれるようになりますから、自然と強さを出してくれるようになります。

反対に、まだ身体の準備をできていないにもかかわらず、無理やり強くやろうとすると、その時点では、身体はその動きを使って強さを表現することができませんから、元の動きのパターンでと良さを表現しようとすることになります。

つまり、簡単に元に戻ってしまうということです。

それは実際もどかしいほど歩みののろいものに感じるかもしれません。しかし、「体についた」澱を根本から拭い去り、無垢な自分から正しい動きを構築するにはこの方法論を踏襲することが最も効果的なのです。

子供が、ボール投げを習得するように。まずは正しい動きをできることの感じ、喜び、それに慣れるということが不可欠なのです。それから徐々に大きな、強い動きを育んでゆくことが大切なのです。

頭で理解をし、すぐに体で全力でできるということは決してありません。

動きはパターンです。

強い弱いは、そのパターンを確立すれば、いくらでもコントロールできることなのです。

バックスウィングでクラブがどこまで上がる、肩をどこまで回すなどは全く考える必要のないことなのです。

もちろん、多くのゴルファーがバックスウィング側は何も考えなくてもボールがターゲットに向かって飛んでゆくということを、実際に体験していながらも、俄かに信じられないのです。

しかし、本当に必要なことは、それを疑問に感じ、疑問に思いながら何となくボールを打つということではありません。

まず必要なことは、その方法論をきちんとやりさえすれば、本当に結果をコンスタントに引き出すことができるのかどうかを、検証することです。

そして、その方法論の有効性を納得(理解することではなく、体に納得させるのです)することが必要なのです。

そのためには、できているのかどうかもわからずに、強く何とかやってみることではなくて、弱く、できていることを確認することが必要なのです。

不安に思いながら、失敗例を繰り返すということはメンタル的にも良いことではありません。

既存のゴルフレッスンではメンタルや脳の機能はまるっきり無視され、メンタルはメンタル・トレーニングというゴルフスウィングの構築とは全く独立して、何の関わりあいもないことであるかのように扱われていますが、そんなことは絶対にありません。

技術習得の過程から、もちろんメンタル的な要素も踏まえて構築すべきであり、それに勝る考え方はあるはずがないのです。

どれだけ弱い小さな動きから始めようが、習得しようとしているあなた自身ができる感覚を持って練習するということがとても大事なのです。

できない、難しいと感じることはなかなか習得できないのが人間という生き物なのです。

自分自身がやろうとしていることを完全にコントロールできている感覚を持つということが、メンタル面にとっては大変重要な要素なのです。

人間の体は、ある動きのパターンに慣れれば自ずと強さは表現できるようになるシステムです。

ですから、急ぐ必要は無いのです。

「徐々に」「亀の歩みで」と思って練習すれば、それが最も早い上達を促すのです。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.