HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

ゴルフスウィングを真剣に考えてみよう


ゴルファーとして自分自身が何を信じ、何を取り入れてゆくのか?

盲目的に何でも信じて何でもやらなくてはいけないと思っていては、混沌としてしまうのです。

と言うよりも、自分自身が混沌になってしまう。

「信じる」判断をし

「取り入れる」判断をするには

判断の根底に知識が存在しないと

無駄なこと

有害なことでも取り入れようとしてしまう。

単なる情報ではだめなのです。

あくまでも有効な知識が不可欠なのです。

すぐには実行できなくとも

正しい知識を身に付けることはすぐにでもできるのです。

そしてそれを駆使して、自分自身を有害な情報から守るのです。

人間は有能であるが故に、有害なことでも対応をしようと努力をしてしまうのです。

お薦めの読み物:

ゴルフ・スウィングを語るためには、どうしても人間の機能と物理の法則を度外視することはできなのです。

ゴルフ・スウィングは人間の体が行うこと。

どれだけ一側面が有効に見えても、人間としてそれがやり易い方法でなければ、実際には使えないでのす。

体のつくり、脳の機能、感覚の役割、様々な側面から人間の受け取れる方法論を選択する必要があるのです。

お薦めの読み物:

見た目の、結果としての形にばかり捉われてしまい、気が付いてみるとどうしたら上手くできるのか、正しく動いたときに、あなた自身がどのような感じになるのかを確立できていないでのす。

現象と原因は全くの別物なのです。

それを知らずして、現象をばかり模倣していても、実際に動きをコントロールしていることには決してならないのです。

お薦めの読み物:

ただ多くのボールを打てば上手くなる。

大昔には、ダンプ5杯分のボールを打てばシングルになるなどと言われたものらしいですが、科学の発達した今、そんな非効率的なことにあなたのゴルフの上達を任せるわけには行きません。

(大昔と言わずとも、そうした環境で『打つ技能』を習得したレッスンプロやインストラクターは少なくないのです。推して知るべし!)

数多くのボールを打ち、打ったボールの結果を見て良し悪しを判断していてはゴルフの上達は望めません。

一球で狙ったターゲットにそこそこのショットを毎回打てることこそが、ゴルフのゲームで試されていることなのです。

常に意思を持って、結果を引き出せる自分を創造することが大切なのです。

打ち続けることで上手く当たるようになったということに価値観を見出しているようでは、ゴルフは上達しないのです。

お薦めの読み物:

実際のゴルフの動きを正しく司るためには、レッスン書に書かれているほど、多くの並列的な要素を習得する必要ありません。

たくさんのことを知ることはそのものが大切ではないのです。

特に簡単に大量の情報が手に入ってしまう現代では、有意義な情報を選択し取り入れることを考えないと、大変なことになってしまうのです。

自分自身が実行するには、根底で動きを司る、数少ない不可欠な要素(フレーム)と、多くの適応性を高めるための要素(パーツ)を組み合わせることが必要なのです。

中途半端な多くのパーツよりも、確立された不可欠なフレームを持つことが大切なのです。

お薦めの読み物:

ゴルフ・クラブに対しても、クラブ単体で評価をするのではなく、人間がゴルフというゲームを楽しむための道具として考えることが重要なのです。

ヘッドの形状や素材よりも、シャフトの調子や重さよりも、人間が同じ動きをしたときに14本のクラブがセットとして機能的に働いてくれるのかの方が大切な要素なのです。

長いものが打てると、短いものが打てない。短いものが打てると、長いものが打てない。これはあなたの責任ではなく、クラブの責任なのです。

お薦めの読み物:

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.