HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

身体が少々不自由でもゴルフは楽しめるのです


少し古い話になりますが、片手の無いメジャー・リーガーが誕生したり、歩くことが不自由なPGAツアー・プレーヤーが登場したりと、何の障害も抱えていない自分が見ると、何と素晴らしいことなのだろうと感銘を受けます。

パラリンピックや、盲目の方のゴルフ・トーナメントを見ても、五体満足な人間が「どうしてもできない」などと、泣き言を言っている場合ではないなと思ってしまうのです。

これまでゴルフ・スウィングは身体の各部分の形を模倣し、クラブの形を意図的に作り、それを上手く模倣することが上達への道だとされてきたと言っても過言ではありません。

身体に何も問題の無い方でさえ、苦しい思いをして、「頭を止めて下半身を止めて身体を回せ」と、およそ人間業でないことを要求されるようなゴルフ・レッスンが少なくないのです。

関節の可動範囲に問題があったり、どこかの力が極端に弱かったりという問題を抱えている場合、ゴルフ・スウィングを言われるように行うことなど、到底無理な話になってしまいます。

私のところには、他でレッスンを受け、形として「ああしろ、こうしろ」と言われ、現実問題としてそれが不可能なゴルファーの方や、後遺症などで身体にご不自由な部位を持っていらっしゃる方なども、しばしばレッスンを受けに来られます。

そうしたケースでは、従来の形を模倣するということで、ゴルフは上達するという発想しか持ち合わせていないインストラクターでは、ゴルフをすることができない人になってしまうのです。

しかし、ゴルフはボールをターゲットに運べればよいのですから、本来は必ずしも表面上の形にこだわる必要性など有りはしないのです。

多分、本当に正しい動きを正しい方法で身につけ、正しい方法で動きをコントロールしいるゴルファーと比較をした際に、絶対的パフォーマンス・レベルでは叶わないでしょう。

しかし、形にばかりこだわり、結果的に間違った動きを間違ったコントロールの仕方で行っているゴルファーよりもパフォーマンス・レベルを高くすることは決して夢物語ではありません。

私は形にこだわらず、その人の持っている身体的特徴と、身体能力を最大限に発揮できるパターンとしてのゴルフ・スウィングを見出してゆきます。

つまり、客観的なBestのパターン(現状巷に氾濫している「~理論」たるものの一つでも客観的なBestを解説しているとは思いませんが)を当てはめるのではなく、その人にとってBestなパターンを見出そうと言うことです。

実際、脳梗塞で倒れられた方が、ゴルフを通じて、殆ど後遺症が残らないまでに回復したと言うこともありました。

それもこれも、結果としての表面上に現れた形を模倣することに執心するのではなく、動きとしてゴルフを作ろうとしていたため、ゴルフそのものを続けることができたのです(事実、ご本人はお医者様からはゴルフなどとんでもないと告げられていたそうですが・・・・・)。

既存の、結果として表面上に現れた形を模倣することこそがゴルフの上達の必須条件という発想のレッスンにおいては、物理的にゴルフができない人や、極めて困難なことを強いられるようになる人が少なくないのです。

これは、年配の筋力の衰えによって、力を出しづらくなった、可動範囲が小さくなってしまった方でも同じことなのです。

もう、言われた形ができないから、ゴルフは続けられないとゴルフを辞めてしまっているゴルファーは少なくないのです。

教える側が知的で工夫をできさえすれば、より高いパフォーマンスを引き出すことが可能なのです。

しかし、決められた形をオウムのように伝えることしかできないインストラクターと出会ってしまったがために、極めて低いパフォーマンスしかできないというゴルファーも少なくないのが現実なのです。

身体に障害があるということではありませんが、ゴルフとは全く異なった力の使い方をするスポーツを極めて高いレベルでやってきた人にとっても同じことが起こります。

本来の人間的な自然な力の出し方よりも明らかにそのスポーツに特有な力の使い方のほうが効率よく動くことができるなどということも実際にあります。

柔道などはその良い例で、引く力を多用するために、通常人間であれば圧倒的に押す力の方が強いのですが、力を入れようとすると、引いてしまう癖を持っています。

そうなると、普通の形のレッスンに習うと、力強いのですが、必ずものすごいスライスになります。

それをああだこうだと言ったところで、埒が明かないのです

その人が有効に出せる力を活用して、それをゴルフに転用するために、教える側が工夫をすれば目を見張るようなパフォーマンスを引き出すことが可能なのです。

つまり、一人ひとりに対して、その人の持っている能力をできるだけ有効に活用するような動きを作り出すことが実際には大切なことなのです。

事実、レッスン書やゴルフ雑誌のレッスン記事では平然と「皆こうやっている」とある部分の形や動きに関して書かれていますが、PGAのトーナメント中継を観る限りにおいては、「皆が揃って同じ事をやっている」ようには見えないと思われませんか。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.