HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

正しい動きを身に付ければゴルフは腰痛を引き起こしたりしないのです


ほかの読み物で説明したお身体の不自由な方の例ほど深刻な状況で無いにしても、ゴルフをすることが腰痛の原因となると言われてしまっていますが、実はそうではないのです。

ゴルフ・スウィングを正しく行っている限り、筋肉痛になることはあるにしても、腰痛になることは無いのです。

事実、ゴルフが原因の腰痛と整形外科医に言われ、ゴルフを控えなさいとまで言われた方が、それでもゴルフが上達したいとレッスンを受けに来てくださることは少なくありません。

そうした人は、正しい動きのパターンに替えることで、腰痛が治ったということが頻繁に起こります。

腰痛に関してはこうしたゴルフ・スウィングの動きを正しいパターンに替えることで治ることが珍しくありません。

(椎間板ヘルニアになってしまっている方はこれに当てはまりませんので、ご注意ください。きちんと、お医者様に治療してもらってください)。

ゴルフが腰痛の原因になると言われていますが、実はゴルフが悪いのではなく、ゴルフ・スウィングのパターンそのものが間違っているから腰痛になるのです。

下半身を止め、クラブを動かすことが良い動きと巷で吹聴されているゴルフ・スウィング。

それは明らかに人間の身体の機能や明らかな誤りなのです。

しかし、ゴルフインストラクションというエリアでは、ただボールをアマチュアーより上手く打てるからということだけで、人間の身体の機能や物理的な原理原則も何も理解していない方々が教える立場として多数存在しています。

皆さんと同様に、レッスン書や雑誌のレッスン記事から「おいしい話」を仕入れ、それを教えることに流用している人も少なくありません。

そして、事実に反する下半身を止め、上半身の捻転を作り云々という指導法が、どれだけ身体に対する負荷を増大し、腰痛を引き起こす原因になっているのかを認識していないのです。

そうした弊害を引き起こす可能性の高い動きを、プロフェッショナルとして、人を教える立場の人間として教えるということが信じられないのです。

人間の身体に酷な動きがゴルフスウィングとしてレッスンの場面を席巻すると、当然道具もそれを助長するようなものとして作られるのでしょう。

その結果、最近のゴルフ・クラブ・メーカーが制作し販売している「易しいクラブ」というもの=手打ちや腕打ちでとても良いショットが打ててしまうというものが圧倒的多数を占めているのです。

だから、ゴルファーの中にはそうしたパターンでゴルフをやり続けている人も少なくありませんし、

そうしたことをレッスンで一般のゴルファーの皆さんに教えるインストラクターも少なくありません。

だからといって、それが良いことかというと絶対にそうではありません。

クラブが身体に先行してモーメントを発生すれば、身体はそのモーメントの方向とは逆の動きをします。

これは物理的な原理ですから誰が何と言おうと、起こるものは起こるのです。

写真ではそう見えないからといって、物理的な原則を無視して、下半身を止めて上半身を捻り、クラブを先に振るのだなどという事は絶対に許されるべきことではないのです。

学習塾に来た子供に、3x3=7ですよ、と教えていても平気で居るというのと対して変わらないレベルのことなのです。

レッスン書やゴルフ雑誌のレッスン記事に於いてもしばしばそうしたことを正当化する記事が掲載されることがありますが、もちろんそれも同罪です。

そうした誤ったレッスンの記事やインストラクションも原因に加担している間違った動きのパターンによって、腰椎に対する負荷は増大し、腰痛を引き起こすのです。

ゴルフ絡みの腰痛に関しては、整形外科医の先生方も下半身を止めて腕でそっと振ってくださいとの指導をするそうですが、それももちろん大きな間違いです。

もちろんお医者様方は身体に対しての正しい知識をお持ちなのでしょうが、ゴルフに関しては素人なのですから、結果としてはこれも極めて無責任な発言であると言えます。

ここでも、ゴルフの常識が間違っていると言うことに整形外科医の先生が気づいていないがためにそのような指導をする結果になっているのです。

まあ、多くのお医者様もことゴルフになってしまっては、盲目的にレッスン書の受け売りを鵜呑みにしているのですから、仕方の無いことなのでしょう。

でも、本当はしかたのないことで済ませてしまってはいけない類のことなのは明らかなのです。

ゴルフは正しくやれば、高齢になるまで楽しく続けられる、大変楽しい、健康的なゲームです。

誤った動きのパターンでゴルフ・スウィングを続けることは、上達を阻害するだけではなく、身体に対しても悪影響を及ぼす危険性を包含しているのです。

十分お気をつけください。

それだけでなく、上半身の作り出した力を下半身が受け止められているうちは何とか力づくでもスウィングができ、そこそこの飛距離を出すことが可能なのですが、下半身の筋力の低下とともに、或る時を境に上半身の作り出す力を下半身が支えることができなくなり、飛距離ががっくりと低下してしまうという現実をつきつけられる人も少なくありません。

というよりも、人によって時期の差こそあるものの、間違った動きを続けている限り、間違いなくその時はやってくるのです。

そして、その時になって「ゴルフ辞めますか?スウィング治しますか?」という決断を迫られることになるのです。

ほら、ヒタヒタとあなたの近くに迫ってきている足音が聞こえませんか・・・・・・・

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.