HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

「正しくなってしまう」練習をしよう


「正しくなってしまう」練習って何なんだ?って思いますよね。

だって、普通は何でもできてしまう状況の中に自分を置いて、「△×□をこうしろ」、「○%&をこうやって」とやるのが練習ですものね。

私のコンサルティングの特徴の所でも少し触れましたが、この「正しくなってしまう」練習をするということは、とても大切な考え方だと私は思っています。

真剣に上手くなろうと考えると、一生懸命練習をする。

そして何を練習するかはレッスン書に書いてある事の中から、自分が気になったことを無作為に行う。

それも仕方がないことなのですよね。

レッスン書でもレッスンでも、結果としての形を時系列で説明するばかりで、あなたのゴルフの上達を効率よく行うための優先順位などどこにも書かれていないのですから。

結果としての形を時系列で説明するばかりで

あなたのゴルフの上達を効率よく行うための優先順位

などどこにも書かれていないのですから。

そして

一つ一つが断片的で

どうつながるのか?

実際つなげることが可能なのか?

有意義なのかも全くわからない類

の情報なのですから。

それならまだ良いほうで、ただむやみにボールを打って、結果的に良い球が出ることを日々祈り続ける。

そして、来る日も来る日も練習場に通い続ける。

そういう人も少なくないのではないでしょうか?

或いは、ラウンドの前日に慌てて練習場に行き、無心で打って良い球が出ると安心して家に帰る。

大きな期待を胸に携え翌日コースに向かう。

付け焼刃は脆く、はかなくミスショットを連発し、「おかしい、こんなはずじゃない」と、せっかくのラウンドなのに、自分自身の粗探しに一日費やす人もいるのではないでしょうか?

後者の場合明らかに方法論としては間違っていますが、実は前者の場合も非常に結果を導き出し難い方法論なのです。

なぜなら

これまで慣れ親しんだ動きができる状態に自分自身を置きながら

そうではない事をしようとするのですから

どうしても元の動きのパターンに引きずられてしまう

のです。

そして、現実には、もっと大きな問題があるのです。

レッスン書の世界では、写真の形がわかれば簡単にできるとでもいうような説明を平然としていますが、現実はそんなに甘くはありません。

いくらでも正しくないこと、やりたくないことをできてしまう状況に自分を置いて、正しことのみを実行するということは、とてつもなく難しいことなのです。

つまり、既存レッスンでは語られることのない『前提条件』。

『わかればやれる』というものは、実はとてつもなく高いハードルなのです。

きっと、やってるつもり、やれているつもりに任せているゴルファーの方は気づいたこともないと思うのですが、この状況悩ましいのです。

特に、すでに悪癖を持ってしまっている人がスウィングを改善しようとするときには茨の山と言っても過言ではありません。

ということは、皆さんが普通に行っている練習方法は、明らかに効率的な方法論ではないのです。

普通のレッスンでは、実は悪いことも、以前の問題を抱えたあなたの動きも、何でもできる状態にあなたをほったらかしにして、これをやれ、あれをやれと平然と言うことがほとんどなのです。

確かにやっている本人の「やっているぞ!」という自己満足はあるのでしょうが、技能的には極めて難しい方法なのです。

なぜなら、なんでもできてしまう中から正しいことのみを実行するということは

ある範囲のことしかできない環境下で、その範囲内のことをやるよりも、圧倒的に物理的に難しいのです。

ですから私は、「正しくなってしまう練習」をしなさいと常日頃からゴルファーの皆さんにお伝えしています。

動きはゴルフレッスンで当たり前のように語られているような「形の羅列」ではありませんから

動きに対し或る制約を与え

それを守って動作を行うと

正しい動きになってしまうという物理的なコントロールが可能なものなのです。

例えば、オーバー・スウィングやイップスでも、この方法論を使えば一瞬にして動きを治すことができるのです。

残念ながら、ゴルフ・スウィングを形として捉えていては、不可能なのですが、動きの本質を知り、物理を理解し、人間の動きのコントロールのメカニズムを知っていれば、実は簡単なことなのです。

例えば、レッスン書にはスライスの『原因』はインパクトで体が開いてフェースが開いていることだと書いてありますが、それは単なる現象で、原因ではありません。

原因はそうした結果的な形を引き起こしてしまう力の使い方にあるのです。

ですから、まずは、結果的に正しい力を出せる体勢を使ってスウィング、ショットを体験するのです。

そして、それを通じて、結果的に自分自身にとって問題となっている動きを知ることが必要なのです。

腰を開かないようにしようと考えて練習をしたところで、実際に自分がボールを打つ感覚と大きく乖離していればまず無理なことなのです。

必要なのはまず

正しい動きになってしまう方法を取り入れ

自分自身の感覚で(写真の形や文章を記憶するのではなく)正しい動きを感じることです。

そしてその感覚を実際にショットを打つ感覚に徐々に落とし込んでゆくのです。

腰が開くのなら、腰が開きようのない物理的なセットアップをすれば良いのです。

或いは、腰が開きようのないパターンの動きから始めれば良いのです。

そうした方法論を使う事が一番の近道なのです。

何故なら、自分自身がやろうと考えている動きの感覚を自分自身で把握できない限り、練習ができないのですから。

私はそうした方法をドリルとして使い、普段の皆さんの練習の核として位置づけることをお勧めしています。

結構、頻繁に言っているにも拘らず、ゴルファーは一旦ボールを目の前にしてしまうと、何とか当てようとする。

そうする事が自分自身が正しい動きを習得するプロセスを間違いなく遅延させているという認識が甘い人が少なくないのが現実なのです。

それも解らないではないのです。

何しろ正しくない動きでボールを打っていたゴルファーが、正しい動きでボールを打つと、打てる気がしないのですから。

そうすると、自分で練習しようとすると、何とかボールに上手くと当てようとするから、元のパターンに戻ってしまうのです。

つまり、こういうことです。

何でもできてしまう状況の中に自分自身を置き、何かをしないようにしようということは、非常に難しいことなのです。

そして、「何でもできてしまう状況」ということは、「何でもやってしまう可能性の高い状況」だと言うことなのです。

ということは、仮に練習しようとしていることが、あなたのゴルフにとって有効なことだったとしても、練習の中でそれを行っているかどうかは不確定なのです。

私は常に

「やっているつもり、やれているつもり」の練習はやめなさい。

「やれている自分を、自分自身が認識して、やれていると言う感覚は自分自身にとってどのような感じなのかをしっかりと把握しなさい」

とお伝えしています。

連続写真で説明され、形としてゴルフ・スウィングを把握しているゴルファーが圧倒的に多いのですが、あくまでも動きとして育むということは、あなたの感覚を育むことなのです。

そのためには、まず正しい動きがあなたにとってどんな感じの動きなのかを把握しなくてはならないのです。

なぜなら、それが無ければ反復練習ができないのです。

正しい感覚がわからないから、打った結果を見ないと判断できない。

だから漫然と打ち続ける。

当然、良い結果を出したいというフォーカスになるから、もちろんこれまでの自分の動きに戻ってしまうということなのです。

そして、上達のために練習しているつもりが、いつの間にか悪癖に磨きをかけるという結果になってしまうのです。

正しい感覚を伴った反復練習ができなければ動きを司る脳のプログラムができないということなのです。

それはつまり、いつまで経ってもできるようにならないということなのです。

ですから、正しい動きがあなたにとってどんな感じの動きなのかを把握してください。

間違いなく、それが正しい動きを習得する第一歩なのですから。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.