HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

Dr.Koichiroのゴルフの考え方


Dr.Koichiroのゴルフの考え方は、既存のゴルフ理論とは根本的論理展開から全く異なるものなのです。

ですから、そもそも既存レッスンの比較対象とすること自体が間違いで、また、情報の共有をすることさえもあり得ないレベルのものなのです。

或る有名プロの打ち方を説明するものではありません。

なぜなら、表面上に結果として現れる形はあくまでも結果であり、実際の動きは動き始める前に脳が事前の適切な情報収集を基にコーディネーションを司っているのです。

ですから、知識として無駄で、パフォーマンスとしてはマイナス以外の何ものでもない部分の形などには一切触れたくないのです。

あなたの脳があなたの身体を正しく司るのに必須なことのみにフォーカスし、できる限り効率の良い方法を構築して行くことを第一義にしているのです。

鵜呑みにしてきた情報の殆どは削ぎ落としてしまわなければならない情報です。

一つの情報は単純で「わかった」と感じやすくても、『普通』に打つためだけの100も200もの断片的な情報を記憶し思い出さなければならない方法には、実際には何の利点も存在しないのです。

良いショットをするためにやることと、ミスから立ち直るためにやることが全く異なるという発想も全く以て信じがたいのが既存のゴルフの常識なのです。

あなたのゴルフをより効率よく、よりシンプルにするために根底の考え方を替えるということは、実は必須なのです。

これまでの『ゴルフの常識』にとらわれずにお読みいただければ必ず理解できる類のことなのです。

ゴルフ以外のことに当てはめて考えればDr.コーイチローの考え方が当たり前だということにお気づきになると思います。

もちろん『ゴルフは特別』だからと、説明できないことをお茶を濁すことでやり過ごすなどと言う卑怯なこともしません。

すべてを科学的に説明できるわけではないのも事実ですが、そんな場合でも合理性を持ってできる限りの説明をするのです。

きちんとした理由の無いことはやるに値しないのです。

無尽蔵にゴルフの練習ばかりできない環境にあればあるほど、効果的な事のみにフォーカスを置いて習得に向かわなければならないのです。

ゴルフがスポーツと呼ばれず、ゲームと呼ばれる理由をあなたは真剣に考えてみたことがありますか?

私の理解は、他のスポーツに比べて、最大限のフィジカル・パフォーマンス(ゴルフでは飛距離が最も良い例ですね)が勝負の行方を左右する割合が比較的低くて、飛距離が無いプレーヤーでも、作戦によっては十分勝つことのできるものだからでしょうね。

そうした意味では、囲碁やビリヤードなどと共通する要素が多いのかもしれないですね。

一打一打が全体のラウンドを構築してはいるけれど、どれか一打の素晴らしいショットが全てを決定付けると言うことにはなり得ないですからね。

ゴルフというゲームが行われる環境と、ゴルフのゲームのルールを考えてみると、実際にゴルフのゲームが何をプレーヤーに対して要求しているのかが明らかになります。

それなのに、巷のゴルフ論はいつもスウィングの形のことばかり。

ゲームの本質がわかっていなければ何を練習するかの道標もわからないのではないでしょうか。

打ち方=ゴルフという考え方であれば、実際のラウンドにおいてゲームとしてのゴルフをできるわけがないと感じるのです。

(言い換えてみれば、献立を考えずにお買い物をして、いきなり大根の切り方ばかり考えているのに何の疑問も抱かず平然としているという事です。)

まず、ゴルフは一打でそこそこの結果を引き出すショットをしなければならないのです。

一方で、その結果に対してはかなりの許容が許されていて、ミスをしても大怪我にならないミスであれば、また、ミスが何度も続かない限りゲームのスコアーに大きな影響を及ぼすことは無いのです。

反対に、どれだけ素晴らしいショットを打とうが、そこそこのショットをラウンドを通じて行うことができなければ、そして、大怪我を引き起こすショットを打ってしまってはスコアーは良くならないのです。

だからと言って、飛距離が不必要なのかと言うとそういうわけではなくて、「一打でそこそこのショットを引き出し、大怪我をしない範囲での飛距離」はもちろん有ったほうが良いに決まってます。

でも、あくまでも飛距離だけが飛び抜けて大事というものではありません。

また、ゴルフは2つとして同じ状況からのショットは無い(誰でも、言葉としては聞いたことがありますよね。その意味するところを真剣に考えたことが有るかというと、少数でしょうが・・・)と言われています。

つまりゴルフはその場その場での状況判断と適応力をゴルファーに要求しているのです。

そして、その要素が多くのゴルファーの皆さんが考えているよりもかなり大きいのです。

以前PGAのトーナメントのゲストにジャック・ニクラスと同世代のPGAツアープロがゲストで出ていたことがありました(誰だか忘れてしまいましたが・・・・)。

その方がインタビューで「ジャックくらいのショットを打つプレーヤーはあの時代でも何人も居たが、彼ほど安全で効果的なショット・チョイスをできる選手は他に一人も居なかった。

そして、彼のショットチョイスは、いつも、誰よりも優れていた」と答えていました。

2013年のワールド・ゴルフランキングのトップ20人の統計を見ても、ドライビング・ディスタンスでトップ10に入っているプレーヤーはマキロイだけで、20人の平均ランキングは何と83位なのです。

ちょっとびっくりですよね。つまり飛ばしこそゴルフだなどとは口が裂けても言えないゲームだということです。

ゴルフのルールで14本のクラブの使用が認められていることも、スポーツにしろゲームにしろ非常に珍しいものでしょう。

そのルールをアドバンテージとするのか、ディス・アドバンテージとしてしまうのかは、ゴルファーの考え方に大きく影響されるのです。

私の表現をさせていただければ、14本のゴルフ・クラブを武器として使うのか、凶器にしてしまうのかは、ゴルファー自身の考え方次第なのです。

以上のことを簡潔にまとめてみると

「ゴルフはゴルフ・コースに対し、戦略を練り、

ある程度の正確性と反復性と

それらを阻害しない範囲での飛距離を以て

高い判断力とその場その場での適応力を

14本のクラブを有効に組み合わせて

できるだけ少ないストロークでプレーするゲーム

ということになります。

こうして説明をすると、かなりゴルフのゲームの本質が明らかになってきますよね。

私が考えるゴルフとは、常にこれらの要素を踏まえた上で全てのことを行うと言うことです。

それを考慮すると、巷に出回っている「ドライバーの打ち方」、「FWの打ち方」、「ロングアイアンの打ち方」~「パターの打ち方」という発想そのものが、ゴルフのゲームに対しては大きなディス・アドバンテージになることが誰にでもわかるでしょう。

私が行った博士論文「エリート・プロ・ゴルファーのゴルフ・スウィングの共通要素」では、ドライバー、ロング・アイアン、ショート・アイアンのスウィングのパターンを3次元解析をして、共通の要素を定義したのですが、巷で言われているような角度や形としての相関関係は全く認められ無かったのです。

(ショッキングでしょ?

だって、皆さんはゴルフ人生の多くを、レッスン書で「こうであるべき」と書かれた形の模倣に費やして来ているのですから。)

では、何が共通要素だったのか?

実は動きの根底をコントロールしている、タイミングなどの要素にだけ番手にかかわらず高い相関関係が認められたのです。

エリート・プロ・ゴルファーは番手にかかわらず同じ動きのメカニズムでスウィングをしているということが科学的に検証されたのです。

つまり、動きを作り出すもの=力の使い方が共通要素なのです。

巷のレッスン書に書かれているような、部分の形や角度が大事な要素ではないということなのです。

もちろん、実際に動きを根底でコントロールしている要素を検証せずに、結果的に表面上に現れる形のみを検証したら番手ごとに異なった動きをしているかのように見えるのも当たり前のことなのです。

つまり、ゴルファーが同じ動きをしたとしても、長さ、重さや、動的バランスのなどの物理的特性の異なるものが運動をするのですから、結果としての形は必ず異なって現れるのです。

少し、解りづらいですか?

例えばあなたが同じ動きをしているとしますよね。その手に持つものがハタキと、ナタと釣竿だったとしましょう。

その時、手に持ったモノの結果的な形とあなた自身の体の部分の形は変わると思いませんか?そういうことですよ。

逆に、結果として表面上に現れる形を番手にかかわらず同一にしようとすれば、中心で動きを司っているゴルファーの動きは番手によって変えなければならないと言うことになってしまうということなのです。

それでは14本のクラブが凶器になってしまうのも仕方がない話ですよね。

ゴルフ・クラブの説明の中でもう少し詳しくお話をしますが、ゴルファーは少なくとも大きな誤解を2つしているということを認識しなくてはならないのです。

何故なら、それを有耶無耶にしてしまうと、結局のところあなたのゴルフの上達が著しく遅れる(だけなら良いが、努力しても一向に上達しないことも十分考えられるのです)のですから。

一つはゴルフ・クラブが番手にかかわらず同一のバランスを持っていると信じていることです。

もう一つは、ゴルファーは番手にかかわらず表面上に現れる結果としての角度や形を同一にすることでゴルフのパフォーマンスが向上すると信じていることです。

これらの誤解は、降って湧いたものではなく、ゴルフ業界全体がそのような誤解を招くような説明をし、それがいかにも真実であるかのように表現をしているということが、その誤解を助長していることも否めないのです。

さらなる問題は、インストラクターやゴルフショップの店員、プロゴルファーまでが、そうした雑誌やゴルフ業界の宣伝文句を鵜呑みにして人々に伝え広げるという、構造が存在するということです。

(一つ裏話をお伝えすると、こうした誤解の話を様々なゴルフクラブメーカーの方々に論理的に説明すると、キチンとご理解いただき非常に興味を持っていただけるのですが、結局のところ「でもなぁ、これまでこれが良いって言い続けてきたことを、間違いでしたって言わなきゃいけなくなるから無理だな」というお答えが返ってくるのです。

つまり、少なくともゴルフ業界の中でもこうした誤解が存在することを認識している人は居るのですが、単に「存在しない」ものとして黙殺し続けているのです。)

少し、話が脱線してしまったので、元へ戻しましょう。

何をお伝えしようとしているのかというと、一人一人のゴルファーがゴルフ雑誌やレッスン書に書かれたことを全てを「鵜呑みにする」癖を真剣に治す必要があるということを認識してもらいたいということなのです。

(先の東日本大震災が引き金になり不幸にも起こってしまった福島第二原発の事故も、それまではメディアを通じて原発は「絶対安全」だと言われ続けていて、多くの国民がそれを鵜呑みにしていました。

しかし、ひとたび事故が起こってみるとこれまで国民に伝えられた来たこととは明らかに異なる現実が存在することを知りました。

そして、今度は国民の多くがこれまでの情報に対して疑問を持ち、多くの人々が頭から原発は非常に危険なので、存在さえ認めるべきではないという、極端な考え方をし始めたのです。

誤った情報を鵜呑みにしてきた結果、新たな(真実と言われている)情報が出現すると、今度はこれまでの情報をサポートするすべての情報を嘘であると認識するという極端な判断というのを褒めることはできませんが、少なくとも何が真実であり、何を自分が信じ何を取り入れるのかということに関して、もっと真剣に考える必要が有ることは否めません。)

すべてのゴルフに関する情報が嘘であるとは言いませんが、皆さんが考えているよりも多くの嘘や誤解がタレ流しになっていることは否めません。

ですから、ゴルファーであるあなた自身が自分なりの確固たる基準を設定して、それを元に巷に溢れる情報の取捨選択をできるようになりたいのです。

でなければ、結果として苦労をするのはあなた自身なのですから。

ゴルフ以外では、他人の言葉ってそんなに簡単に鵜呑みにして信じこんで、自分自身が取り入れないですよね。

普段は気づかないうちに、あなた自身が何らかの判断基準を作り、自分が取り入れるかどうかの判断をしているのです。

しかし、ゴルフではそうした人として普通の機能さえも放棄して、何でも鵜呑みにして何でも取り入れれば取り入れるほど上達するんだと思い込んでしまっている人が多いのが現実なのです。

そして、さらなる問題は、あなた自身がそうであることに気がついていないということなのです。

気づけば改善できる。

しかし、気づかなければ改善のしようがないのです。

(「理論とは?」で詳細をお伝えしますが、「理論が理論たる所以」は明確な前提条件が存在し、その条件に沿った形で展開されるから「理論」が確立できるのです。

そして、多くの場合その「理論」そのものよりも前提条件が正しいものなのか?ということが大変重要なことなのです。

そもそもの前提条件が理論を確立しようとしている現象に対して意味のないものであれば、その前提条件に沿って説明された事柄は意味が無いということになるのです。

巷に溢れるゴルフレッスンにおいての前提条件は、明記こそされていませんが

「ゴルフは時系列に沿って

結果として表面上に現れる形を

ランダム(説明に都合の良いところだけを抜き出して)に説明し

その形を模倣することによって上達する。

そして上達を目指していることは

平らな場所で

まっすぐのボールを

フルショットで打つということである」

ということなのです。

この前提条件、あなた自身が考えるゴルフというゲームの前提条件として正しいものなのでしょうか?

それを一人ひとりのゴルファーが真剣に考えることこそ大切なことなのです。)

先程も触れましたが、ゴルフのゲームの本質を考慮してゴルフの練習を考えると、

(そうでなければ何の意味もないのが練習ですよね。余談ですが、最近「練習はするな」みたいなことを平気で言っているプロが居るようですが、言語道断。

正しく練習すれば絶対に効果が出るのです。

効果が出ないのはそもそも練習とは呼べないのです)

練習の目的は常に高い適応力をある程度の正確性と反復性を習得する事となります。

そして、それらの要素を保った中での飛距離の獲得ということが必要になるでしょう。

(こうして文にしてみると「???」の方が少なくないと思いますが、それこそ「誤解や鵜呑み」があなたのゴルフ観を歪めてしまっているということの証拠なんですよ。)

もちろん、全ての要素をなるべく同時に獲得するために

動きそのものを作っている「動きの優先順位」を常に明確にして

優先順位の高い要素からの習得をし

それらを崩すことなく

優先順位の低い要素を付加してゆく

事が重要なのです。

これは何も難しいことではなく、人間が何かを習得する際には、こうしたことを考えることが普通なのです。

でも、人間としての普通がゴルフでは「変わり者」とされるのが今のゴルフ界なのです。

(何しろ既存のゴルフ論は「結果としての形」を「時系列(事の起こる順番にしたがって」で説明するのが問題解決や技能習得の方法という、「暗黙の了解」の元に成り立っているのですから。)

それを考えると、ゴルファーのレベルによって、練習の目的は明らかに区別されるべきで、優先順位の高い動きの要素を確立していないゴルファーがある程度の正確性と反復性、言うまでも無く飛距離を目的として練習しても意味が無いということはお分かりになると思います。

(既存のレッスンの多くは、初めてお父さんとキャッチボールをする子供に、いきなり外野からホームベースへの遠投をやらせるのと同様なのです。

そして、それを時系列の部分部分の形をいちいち説明し、確認させることで投げさせようとしているのです。

そして、投げる方も、それでいきなり投げられると考えているのですからお気楽なものです。

口では「ゴルフは難しい」と言いながら、行動ではとても難しいものに対峙するようなことをしていないゴルファーが多いのも確かなのです。

何故なら、「すぐに上達する」みたいな無責任なレッスン記事が余りにも多いので、これも鵜呑みにしてしまっているのですから、始末におえません。

例えば10年間イップスで悩み続けて来たゴルファーの方がメールで何かいい方法は無いですか?などととお気楽なことを考えている。

メールでご相談頂くのは大変ありがたいですし、そうすることそのものが多くのゴルファーよりも前向きだとは思いますが、10年悩んできたことをメールで解決できると考えていることが余りにも甘いですよね。

言ってみれば10年間生活習慣病をそのまま放置してきたようなものですよ。

それを何か一言の助言で治ると考えることは普通ではあり得ないのですが、ゴルファーの中には平気でそう考える人が少なくないのです。)

一方、優先順位の高い動きの要素を既に確立したゴルファーは打ち方や動きそのものを練習することは最小限に留め、一打で高い適応力を引き出せるゴルファーになることを目的とした練習にシフトをしてゆくことが重要視されるのです。

ゴルフにも近年「科学的」とか「理論的」という言葉が頻繁に登場するようになりましたが、高速度カメラや、動作解析のソフトの充実は確かに認められますが、実際にそれらを使用している人間側の質は何ら向上していないのが現実です。

結局動画を用いることで得られる有効な情報は何ら使われることもなく、静止画と同じ情報を抜き出してそれを説明をしているのですし、「レッスンの常識」として定着している情報を、プレゼンに使用する媒体を替えて説明をしているだけなので、何の利点も無いのです。

厳しいことを書くようですが、技術の進歩を生かすも殺すも、それらの技術を使用する者のレベルにかかっているものなのです。

相も変わらず角度だ形だと言っているのですから、何の進歩も無い事に気づいてほしいものです。

ゴルファーの皆さんには、是非「新しい」とされるものの有効性を、あなた自身で判断できるようになっていただきたいと思っています。

私は、ゴルフ業界で仕事をしているものの、ゴルフ業界有ってのゴルファーだとは考えず、ゴルファー有ってのゴルフ業界だと思っている数少ない業界人の一人だと思います。

ゴルファーをカモにするのではなく、ゴルファーが長期にわたりゴルフを楽しく、心地よく、高いパフォーマンスを持って、ゲームを楽しめるようになることこそが、ゴルフにとっての最良のことだと思っているのです。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.