HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

Dr.Koichiroのゴルフ・コンサルティングの概要


Dr.Koichiro(藤本光一郎)は、日本で唯一、アメリカでエリートプロフェッショナルゴルファーのスウィングの共通要素を定義する研究で博士号を取得し、その後Post-Doctoral Fellowship Researchも修了した、スポーツ・サイエンティストです。

他の、ゴルフ・インストラクターとは異なり、結果としての形を模倣するのではなく

人間としての動きの根本を

身体機能

心理的要因

神経系の伝達、そして

物理的な原理原則

の全てを包括して、長い年月と数え切れない球数を要していたゴルフの上達に対して、全く新しいアプローチをします。

人間としての機能を最大限に活用し(ロボットのように一つの動きをプログラムするのではありません)、

全てのショットを

事前に

意図的に

コントロールする方法

をお伝えします。

これまでのゴルフレッスンのように、その場で多くのボールを打たせ、単なる”偶然”としての良いショットを、「できた」と感じさせるようなことはしません。

人間が「習得」を行う際には、どんな場合でも「適応」が必要となります。

これまで、形を事細かに模倣してゴルフ・スウィングの動きを「習得」しようとして失敗してきたゴルファーの方にとっては、当初かなりの意識改革が必要となるでしょう。

しかし、Dr.コーイチローのお伝えする方法は、ゴルフ・レッスンに於いては非常識であっても、それ以外の物事に対しての人間の「習得方法」としては、当たり前の方法ですから、意識を替える努力さえできれば、問題は有りません。

多くの場合、最初にかなりの時間を使い、意志の相互疎通を図り、何をどうやって展開してゆくのかを理解していただくことから始まります。

そして、このプロセスを最重要視していただき、あなた自身が

何に対し

どこに向かって

どんな方法で進んで行こうとしているのか

を明確にご理解いただければ、近い将来に、自分自身で自分の進む道を作り始めることができるのです。

いきなりボールを打っていただいて、部分の形の間違いを指摘して、またボールを打たせるという方法論ではありません。

一人一人のゴルファーの方がお持ちのバックグラウンドや、現状のゴルフ、思考パターン、目標は同一であるわけがないですから、まずはそうした要因を明確にし、目標達成への最短距離を構築してゆくために、何をどう考え、どのように実行してゆくのかをご相談します。

ゴルフレッスン=いきなりクラブを握ってスウィングをして、ボールを打ってみた結果に対して間違っていることを指摘されるものと捉えている方が少なくありませんが、私の方法論は全く異なります。

ゴルフスウィングが身体運動を伴うので、多くの場合練習場などでの実施になりますが、実際にはボールを打つ時間よりも、コンサルティングをしている時間の方が長いのです。

何故なら、多くのゴルファーの問題は、実はスウィングそのものではなく、誤った認識なのです。

そもそものゴルフに対する認識が誤っているから、努力の結果として現れるものがいつまで経ってもなかなかゴルフのゲームの結果に結びつかないのです。

ゴルフも他の物事と同様に、実際にはスウィングを始める前に殆どの結果は決まってしまっているのです。

そして、満足の行く結果を引き出すために必要なことは、実際にスウィングした結果の形の模倣ではなく、満足の行く結果を引き出せるシステムを構築することなのです。

そのためには

ゴルフに対する誤った認識を正し

適切な理解と、正しい行動

を自分自身が作り出せるようにしなければならないのです。

そして、あなた自身が実行することは

正しい理解に基づき

正しい意識を持ち

正しい目的に向かった試行錯誤

でなくてはならないのです。

試行錯誤と暗中模索/五里霧中は全く異なることなのです。

これまでのような、暗中模索や五里霧中であってはならないのです。

数多くのゴルファーが、これまで形を模倣する事が、ゴルフの上達に関しては不可欠だと考えてきていますから、実際に正しい動きを行う事が余りにも簡単すぎて「受け入れ難い」ということが少なくありません。

加えて、一つの動きのパターンを確立してしまえば、球筋をコントロール(意図的にフックやスライスを打ち、望まない逆球を防止)することも、一般的に考えられているような高等技術ではない事がお分かりいただけます。

多くのゴルファーの捉え方が、野球に例えてみれば、投げる前にカーブを投げるのか、シュートを投げるのかわかっていないと言うことなのです。

それどころか、どこへ投げようとしているのか、そして、狙ったところへ投げられそうなのかどうかもわからずに、投げてしまってから判断しようとしているのがゴルファーなのです。

ゴルフ・スウィングは捉え方によって、易しくも、極めて複雑にもなるのです。

既存のレッスンでは目先のわかり易さから、「ゴルフは形を模倣すること」「まずは平らな所からフルショットでストレートの打ち方を習得すること」などを「正道」として捉えてきました。

しかし実は、その安直な判断が、ゴルフを非常に複雑で、非常に上達の困難なものにしてしまったのです。

『常識』が常に「正論」とは限らないのです。

人間の機能と地球上での動きの物理を科学的に研究してきた者にとっては、多くのゴルフの『常識』が「非常識」なのです。

そして、その弊害に苦しんでいるゴルファーが余りにも多いことは嘆かわしいことなのです。

シングル・プレーヤーでも、トーナメント・プロでさえも、皆が正しい動きをできているわけではないのです。

多くの上級者が、努力と時間と球数で慣れることで、パフォーマンスを保っているのです。

正しいことを理解し、正しいことを正しく認識し実行する術を確立すれば、1ヶ月練習しなかろうが、1年練習しなかろうが、打てなくなるものではないのです。

一方、「練習しない方が良い」と言うゴルファーも(中にはそんなことを言って憚らないインストラクターも)少なくありません。

それは、練習の効果が無いのではなく、練習になっていないのです。

つまり、実際の動きを形成する重要な要素では無い事を実行しているに他ならないのです。

練習をしても効果が現れない原因は2つしか考えられません。

①練習の方法が間違っているのか

②やろうとしていることをできていないのかあるいは

③その両方かだけなのです。

鵜呑みにしたことをやり続けることが必ずしも練習ではないのです。

動きも、物理も、メンタルも、神経系の機能も、人間がパフォーマンスを行う限り、単独で存在するものではありません。

常に、全ての要因に対して正しい事を、優先順位の高いものから習得してゆく事が必要なのです。

同じ側の手と足を同時に前に出して歩いている人に、どれだけ肘の角度や腕の振り方を教えたところで何も改善されないのです。

唯一の産物は、本人の「やっているという自己満足」なのです。

これまでゴルフ・スウィングは形の説明ばかりによって説明されてきましたから、残念ながら正しい論理展開をしている理論は存在しません。

そうした意味では科学的に検証し、人間の昨日として正しいことを論理的に展開してゴルフの説明を行っているDr.コーイチローは明らかに異端児で、常識外れであることは間違いありません。

しかし、正しい知識をもって考えると、これまでのゴルフの常識が明らかに間違っているのです。

そのため、地球上で人間が行う動きの形態としてはあり得ない事を意図的に行うのだと説明されてきました。

そしてそれを「ゴルフは特別」という言葉を隠れ蓑にして、科学的には全く理にかなわないことが長年常識としてまかり通って来たのです。

そういう意味では、ゴルフレッスンの考え方こそが「特別」ではなく「異常」なのです。

そうした誤解を解き、優先順位の高い要素からスウィングの動きを作り直すわけですから、ゴルフレッスンではなく、Dr.コーイチローのコンサルティングなのです。

細かい形や、苦しい形を強要するものではありません。

角度や部分部分の使い方に関しても極力言及を避けて行きます。

何故なら、本来はそんな無駄な知識を持たなくとも、極めて効率の良いパフォーマンスを作り出す事ができるのが人間が持つ機能なのですから。

正しい動きがどんなに気持ちのよいものなのか人間が本来持っている能力を効果的に使うことによって、ゴルフでさえも心地よく、自信をもって行えるものだという事を知っていただきたいのです。

正しい動きを形成する根幹を自分自身がコントロールする事が、細かい部分の正しい形を結果的に作ることなのです。

やってはいけない事をやらないようにすると言う方法論は、余りにも非効率的なのです。

正しい事をコントロールすることこそが、やってはいけない事をやらないことになるということなのです。

もちろん、見開き2ページ1項目の写真の形を言葉で説明した、ゴルフの全体像とは何ら関係のない情報を元にレッスンをするわけではありませんから、20分のレッスンや、一回のレッスンで何か大きく変わるということにはなかなかなりません。

①そもそも誤解を解き

②正しい理解を促し

③考え方を変え

④それを行動に反映させるというプロセス

がコンサルティングにおける最初の一歩であり、最も重要な部分ですから、最初は本来2時間程度の時間を取るべきなのです。

それもあって、コンサルティングの最短単位は1時間なのです。

実際、1時間のコンサルティングの時間内に1つもボールを打たないこともあるのです。

そして、それを私は正しい反応だと考えています。

打ってみて結果を見ないと何も解らないということではないのです。

正しい理解をして、正しい目的を設定し、正しい意識を持てれば、人間は自分自身でかなり精度の高いことをコーディネートできるのです。

そして、一番大切ことは、あなた自身がそれを認識し、それを事前に判断できるということなのです。

何をどう考え、何を意識をして、何を感じて、あなた自身がどう実行するのかということを根本から構築してゆくのです。

ゴルフとは、単に平らなところからフルショットで真っ直ぐ打つことだけのために、幾つもの形を覚えなくてはいけないというものでもないのです。

実際に人間が動きをコーディネートしコントロールする方法からかけ離れたことを構築わけではないですから、エッセンスさえ、理解し、感じられるようになれば、いちいち結果の形が良かったのかどうかインストラクターにチェックしてもらわなければならないようなものではありません。

また、他のショットのために、また新たな打ち方を覚え無くてはならないという質のものではありません。

一つの根本的なパターンを確立しさえすれば

あなた自身が一打一打の状況に対して、そのパターンのバリエーションを作り出し

適切なことを実行することのできるシステムを構築するのです。

つまり、一つの基本動作を基に、様々な状況で様々なショットをあなた自身が創り出せるということです。

これまでのゴルフの発想からは想像もできないことかもしれませんが、歩く、走るのと同じように、ひとたび歩くことができるようになれば、いろいろなところを歩くことができるようになるのと同じ事なのです。

これはゴルフ以外では誰も、何の疑問も感じずに、当たり前のように行っている基本動作を基に様々なことを実現するという能力なのです。

全てはあなた自身が正しい知識を知り、正しいことを正しく習得して行こうと考えることから始まります。

そして、そこから始めない限り、正しく試行錯誤をすることは不可能なのです。

全てはどうしてもできないと言いながらも、できていないことに延々としがみつき、何の結果ももたらしていない方法論にこだわり続け暗中模索を続けるのを辞めることから始まるのです。

そしてその決断はあなた自身がしなければならないのです。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.