HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

「現象」と「原因」の違い、ちゃんとわかっていますか?


少なくともゴルフレッスン業界全体ではわかっていないようなのです(涙)。

ゴルフの動きを説明するのに連続写真は今や当たり前といってよいほど、切っても切り離せないものとなりました。

極めて(嘆かわしいことです)

それどころか、ゴルフの『科学』と称して、ビデオとコンピューターを組み合わせて、写真に線を引いて、どこそこの形がどうだと、現象の説明に執心するものまで登場して来ました。

連続写真やビデオを使ったコンピューター・スウィング分析そのものが悪いと言っているのではありません。

その使い方と情報の咀嚼の仕方に問題が在ると言っているのです。

ゴルファーからすると、レッスン書を紐解けばほとんどいつも写真があり、その写真の形の説明がされている。

練習場に行きスウィング分析をしてもらえば、実際には言われなくてもわかる結果としての形の説明をされる。

ゴルフ・トーナメントをテレビで観ても、わざわざスーパー・スローや静止画にして形の説明をするので、なるほど形が大事なんだなと信じこんでしまうのも仕方がないことなのかもしれません。

私が思うに、そうではないのです。

解説者がそれしか方法論を持っていないのです。

これは、ゴルフに限らず、他のスポーツでもその傾向が強いです。

野球のコーチでも、スランプに陥ったバッターに、「バットが寝ているから立てろ」と言う。

でも、これはあくまでも結果としての形(現象)の話であって、原因ではないのです。

どれだけ現象を説明されたところで、そうなってしまう原因がわからなければ治しようがないのです。

さらに言えば、悪いところを治すのではなく、良い動きを作ることに集中することで、悪い動きが出ないようにすることの方がよほど効率が良いのです。

さて、話は代わって・・・

ゴルファーの多くは真っ直ぐばかりボールを打とうとするためか、スライスやフックが余りにも悪いことのように捉えているようですが、私はそうは思わないのです。

問題なのは、真っ直ぐ打とうとしているときにフックやスライスが出ることで、意図的にそうしたボールを打とうとしているのだったら、失敗どころか大きな武器になりますよね?

しかし、巷に溢れるレッスン書の情報によって、多くのゴルファーがまず平らなところでフルショットで真っ直ぐ打つことができるようにならなければいけないと信じこまされていますから、まっすぐ以外のショットをミスと捉えるようになるのでしょう。

そして、ストレート以外のことは知る必要もなく、失敗経験だけをどんどん積み重ねて行くのです。

でも、本当は、最初からすべてを意図的に構築するほうがずっと良いのです。

多くのアマチュアーゴルファーが「真っ直ぐも打てないのに、意図的にボールを曲げるなんて考えたことがない」と言います。

でも、何をすると、どんな感じになるとストレートじゃなくなるのかということがわからずに、どうやってストレートだけを打とうと考えているのでしょう。

ですから、私は、意図的にボールを曲げるということをかなり早い時期から指導します。

そうすると、結構、多くの方ができるのです。

それだけでなく、真っ直ぐが最も難しいことだということに気づく方もたくさんいらっしゃいます。

話が冒頭から大きく逸れてしまいましたね。

話を本筋に戻しましょう。

「スライス矯正法」と題した記事や、「飛ばしのメカニズム」と称したレッスン記事はいつの世にもはびこっていますね。

これはきっと、飛距離が出ず、結果として意図しないスライスを打ってしまうゴルファーが圧倒的に多いから、キャッチとしては最高なのでしょうね。

しかし、その記事を見てみると矯正法やメカニズムの説明ではなく、単なる写真の説明がされているのです。

つまり、現象を説明することが原因を説明していることだとの誤解に終始していることがほとんどのようなのです。

例えばスライスを打つときのスウィングの軌道の写真を見れば、アウトサイド~インサイドに振りぬかれ、且つ、フェースが、スウィングのラインに対してスクェア~オープン・フェースになっているのは確かでしょう。

なぜなら、そうでなければボールはスライス回転をしないのですから(まあ、これも突き詰めれば正しい説明ではないですが、くどくなるのでそうしておきましょう)。

それを知ったからといって、別にスライスが治るわけでもなんでもないのすが、それが世間で言うところのスライス矯正法なのです。

そんなレッスンを読んでかどうかは知らないですが(でも、そうなんでしょうね)練習場で練習をしている人が、しばしばスライスを打ったあとに、「今のはフェースが開いたんだ」とか、「身体が開いた」とか、自分自身、あるいは仲間内で説明しています。

「だから何なの?」と私は思うのです。

そんな現象を後付で説明することよりも、そうならないために自分が何をしたら良いかを考えなくては進歩は無いのですよ。

しかし、形を知り、形を模倣することがこんなにもゴルファーの頭の中の多くの部分を占めてしまったのは、本当に困ったことだと思います。

なぜなら、実際のミス・ショットの原因はそんなところには存在しないからなのです。

現象を知ったところで

実際には問題の動きの原因究明にはならないし

もちろん問題解決にもならないのです。

なぜなら、動きは形の羅列が形成するものではなく、目的を達成するために必要な力が存在し、その力をゴルファーが正しい前提を守った中で作り出した結果として、正しい動きと正しい形が生まれるというのが物理的原理原則に則った事実なのです。

例えば、スウィングの軌道がアウト・サイド~イン・サイドになるには、ちゃんとした原因があるのです。

同様に、飛ばせる動きには、それなりに飛ばせる理由が存在するのです。

たった一つの原因ではないですが、いくつかに絞ることが可能です。

スウィング始動がクラブヘッドから行われた場合。

腰や肩を水平に回転させてスウィングをした場合。

バックスウィングでクラブに力を与えすぎ、結果として身体に対して腕が振られ腕が戻らなくなった場合。

腕を振り、身体に対して腕もクラブも戻らなくなった場合。

そして、それらの組み合わせ、といったところです。

(おいおい、原因のいくつかは、レッスン書でそうやれって書いていることじゃないか!!って、そうなのですよ。)

でも、これらの原因がわかったからと言っても、実際にどれが原因なのかを見極めるということは、自分自身ではほとんどできないと考えて問題がないほど難しいことです。

もちろん、私は見極めることができますが

だからと言ってそれをお伝えすることに意義があるとは思っていません。

というのは

間違っていることの原因を修正することを意識させるよりも

もっと意義のあることを意識させることで

結果的に間違ったことが起こらないようにする

ということの方がよほど良いことだと考えているからなのです。

まあ、そのあたりのお話は他の読み物に譲るとして・・・・・

つまり、決して、インパクトのときに、ボールの後ろに頭を残すことが、原因(理由)ではなく、飛ばせる動きをしたときの結果として、頭が残るという現象が起きているというだけのことだということなのです。

例えば小売店を経営している人が、経営コンサルタントに助言を求めて「あなたのお店は、○○の売上が低いですね。それが原因ですよ」と言われたからといって、「ははぁー、なるほど」と思うでしょうか?

そんなことちっともありがたくないですよね。

そうではなくて、どうして○○の売上が低いのか?どうしたら、○○の売上を伸ばせるのかを知りたいのではないでしょうか?

私がその経営者だったら、間違いなくその辺りの情報を要求するし、その情報がもらえないのならば、コンサルティング料など一銭も払わないですよ。

これは何も経営コンサルタントだからではなく、ゴルフレッスンに関しても同じことですよね。

本当に価値ある情報は無料であるわけがなく、価値の無い情報が有料であるということもまた理にかなわないことであるのは間違いないのです。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.