HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

どうしても治らないことを治そうよ!


自分では随分一所懸命スウィング改造に取り組んだつもりなのに、久しぶりにビデオで自分のスウィングを撮ってみると全く変わりなくて唖然とした経験を密人は少なくないのではないでしょうか?

日々ゴルフコンサルティングを通じ正しい動きの指導をしていると

「どうしても元の動きになってしまう」という、コメントをしばしば耳にします。

それに対する私のコメントは、「やり方が間違っているからだ」です。

余談ですが、私のゴルフコンサルティングでは「どうしても~になってしまう」、「できない」「難しい」という言葉はご法度です。

そもそも、普通にやればできることしか要求しないですし、少なくとも物理的には、そして人間の身体的にはこれまで殆どのゴルファーがやってきたことよりは易しいことですから、できなかったり、難しいわけがないのです。

ただ、これまで「上手く打つ」ために必要だと信じ込んでいた、人間にとっては極めて難解な方法とはかなりかけ離れたことだというだけのことなのです。

そして、ひとたび自分自身が「どうしても~になってしまう」、「できない」「難しい」と口にしてしまうことで、メンタル的に自分自身はそういう気持ちになってしまいがちなのです。

ですから、「何であろうと~をやるぞ」「できる」「易しいぞ」と自分自身にい言い聞かせながら、そして実際にそう思えるようなことをしっかりと練習で行うことを考えるのです。

もちろん、巷に溢れているゴルフ・スウィングに関する情報の中には、どう頑張っても人間の能力の範囲でできないことも多く有ります。

また、頑張って或ることを体得したからといって、必ずしもゴルフ・スウィングの質が向上するものでもありません。

残念なことに、ものによっては、これまで自然にできていたことまでできなくなってしまうという、弊害ばかりを生み出す可能性を秘めた要素も氾濫しています。

しかし、ここでお話しするのは、あくまでも間違った動きを正しく治すために必要不可欠な要素に限定してお伝えします。

これまでのゴルフ・スウィングの考え方では

バック・スウィングのスタートから、フィニッシュまで

ゴルファー自身がクラブの動きの全てをコントロールし

距離を変えようと思えば、振り幅を変え

球筋を変えようと思えば、グリップの握り方や、スタンスやスウィング・プレーンを変更しなければならなかったのです。

普段の動作では到底有り得ないほど、結果として表面に現れている現象に関して、緻密にゴルファー自身がコントロールをしなければならないと伝えられてきました。

(レッスン書に書かれていることが本当に緻密なことかどうかは全く別の話としてですが)。

しかし、実際の動きのメカニズムと

動きをコントロールしている数少ない要素の中で重要なものが何であるかを理解し

その数少ない重要な要素を自分自身が正しく行っている事を捉えられるようになり

それをコントロールしてさえいれば

これまで「どうしても治らない」と思っていたことが、瞬時に治るのです。

ですから、何年もオーバー・スウィングに悩んでいたトーナメント・プロや、イップスになってしまって、もうゴルフを諦めかけていたゴルファーでさえも、実際は大して悩む必要のないことなのです。

人間が動きを如何にコントロールするかを根底から理解をすれば、イップスさえも治すことは簡単なのです。

ただ、

現象として一時的に治すということと

本人が正しい動きを引き出せる自分自身のパターンを習得する

ということは別物だということは知っておいてください。

様々な問題を抱えたゴルファーがいらっしゃいますが、要するにこれまでのボールを打つパターンが間違っている、或いは、無意識ながら構築してきてしまっている「上手くボールを打つ感覚」が間違っているのです。

例えば、ボールを飛ばす感じということ一つを考えても、殆どのゴルファーは正しい感覚で捉えていないのです。

私自身の感覚を他のゴルファーに直接伝えることは不可能です。

しかし、きちんとした説明を付加し、正しい例を使ってその感覚を理解していただき、あなた自身が感じることは可能なのです。

問題は、

あなた自身が、問題と感じていることに問題が存在しているのでは無く

多く場合、大事だと信じ切って大切にしていることに問題が有るのです。

何年も苦労をしてやっとある程度できるようになってきたと自負している人にとっては、とても辛いことかもしれませんが

問題の在る方法論は、どれだけ練習をしてどれだけ磨きをかけたところで、結局のところは問題を抱えたままなのです。

それをしっかりと認識して

正しいことを正しい方法で自分自身が意図的にコントロールできている感覚を構築し

それに集中することで意図する結果が引き出せるということを確立することで

治らないと思い込んでいたことでも

間違いなく治すことができるのです。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.