HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

何をどうやって練習するのか真剣に考えてみよう。


レッスン書に書かれていることを鵜呑みにして無闇にボールを打ち続けるのではなく、練習を真剣に考えてみよう。

「練習しない方が良いんだよね」と言っているあなた。そうではなくて練習になっていないということなのです。

ボールさえ打っていれば上手くなるなどと思っていても埒が開かないのです。

仕事のようにゴルフの練習ができるのならまだしも、時間的制約があるゴルファーはレッスンプロ的な練習をしていても効果は出ないのです。

もちろん練習の仕方を間違うと、パフォーマンスが悪化するということだって大いにあるのです。

ちゃんと練習しているのにちっとも上手くならないということは練習になっていないということなのです。

なぜなら、正しく練習ができていれば必ず効果が現れるのが練習なのですから。

ちょっとした時間の使い方で、上達のスピードは大きく変わるのです。

何も、練習場に行き、むやみに数多くのボールを打つことばかりが練習ではありません。

(実際、むやみに無数のボールを打つということが練習になるわけがないのです。

まあ、ちょっとした運動にはなるでしょうが、運動ならばもっと効率の良いのがたくさんありますからね。)

何をして練習とするか、練習で自分にとって有益なことのみをすることがキー・ポイントなのです。

お薦め読みもの:

理解はしているものの、実際自分自身でやってみると、できているのかできていないのかが分からない。

どうしたら、正しくできていることがわかるのだろう。

知ってしまえば何ということのないことなのですが、練習習慣が悪いと、絶対にわからないことがあるのです。

お薦め読みもの:

有り余る時間をゴルフの練習に湯水のように費やせるゴルファーが今の日本にどれだけ存在するでしょう?

勉強も仕事もせずにボールを打って時間を費やしてきた人と、同じ方法では一生上手くなれないのは当たり前のことなのです。

ダンプ何杯分打たなければ上手くならないなんて嘘なのです。

何となく打つ500発よりも、正しいルートで正しい意図を持って打つ20発の方が絶対に上達は早いのです。

お薦め読みもの:

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.