HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

不幸にもイップスになってしまった方へ


スポーツサイエンスの博士が真剣にお話しします。

イップス克服のためにさらなるレッスン書を読み漁ってトライすることはマイナス以外の何ものでもないのです。

違う方法と思っても、根底にある部分の形を作ることがゴルフ上達と考えている限りはあなたのイップスは悪くなるばかりです。

既存のレッスンのほとんどが表面上に現れる形や角度をさまざまな方法で目新しいことのように説明を続けているということはすでに他のページでお話をしました。

そして、他の読み物で説明をしてありますが、表面上の形を模倣するということは、ゴルフの上達という目的

(それが皆さんの目的ですよね?まさか、薀蓄を蓄えることではないですよね?時々不安になりますが・・・・)

においては、決して正しい解釈でもないですし、正しい方法論でもないのです

なぜなら、ゴルフ・クラブは物理的に非常に大きな力を作り出し、それによって、表面上に現れる形や角度には、意図として動かしている体の力とはかけ離れた形が表現されることになっているのが物理的な現実だからなのです。

さらに言えば、番手ごとに異なって見えるフェースの向きやシャフトの角度、さまざまな「形」としての相違点は、すべてこのゴルフ・クラブのいたずらによるものと言っても過言ではありません。

不幸にも多くのゴルファーが

本来の人間としての能力を最大限に生かす方法論を簡単に捨て去り

ゴルフだけは特別なものとして表面上に現れる形を何とか模倣すること

で上達しようと努力をしているのです。

それに疑問も何も感じないで、形の模倣をやっているつもりで、結果的に自分自身がボールを「叩く」感覚を培い、上達しているゴルファーは幸せなのですが、一所懸命やっているのに、なかなか上達しないゴルファーが圧倒的に多いのも事実なのです。

そして可哀想なのは、あまりにも誤った説明を真摯に受け止め、緻密に実現しようとしてイップスに陥ってしまったゴルファーなのです。

上達に必要だと信じこみ、まじめに緻密にがんばってしまった人にイップスが多いのです。

ゴルフ界は、殆どイップスの存在を無視し続けますが、実際にはイップスで悩んでいるゴルファーは多数存在しているのです。

不幸にもイップスになってしまった人の存在は無視し、新たな『違うところ』を目ざとく見つけだし、新理論としてレッスン書が発刊される。

たまに、イップスに関する情報があると思うと、精神科や神経内科のお医者様が『精神安定剤を処方して・・・』とか、新たに『目的にそぐわないことを形としてやれ』というレッスン記事だったりするのです。

実際にイップスになってしまった方と対峙すると、そうした方法論はかなり真面目に試している方が多く、しかし、結果としてより悪化したということを頻繁にお聞きするのです。

それは最もな話で、根本的にイップスを引き起こしたシステムの上に成り立っている方法の、どこかを少し変えたからといって、全体像を治すことができるわけがないのです。

明らかに、既存のレッスンの論理展開には荷が重すぎることなのです。

表面上に結果として現れた形を、都合の良いところだけを抜き出して、写真を使い、写真の形で説明するという方法では埒が明かないのです。

なぜならそれは、脳の機能に反することを無理やりやってしまっているからなのです。

なぜならそれは、ロジックと感覚に喧嘩をさせるようなことをわざわざ一所懸命やらせようとした結果だからなのです。

私にしてみれば、多くのイップスを作り出していると考えられる既存レッスンのフォーマットが、イップスに関しては『われ関せず』と、『不治の病だ』と言う扱いをして、『腫れ物に触らない』的な態度を取っているのが極めて無責任な行動だと感じられるのです。

しかし、ゴルフレッスンカルチャーの中では『不治の病』として扱われているイップスも、実際には、動きと感覚、そしてそれを根底でつかさどる正しい目的意識と脳内プログラムの組み替えによって、いとも簡単にイップスの現象は起こらなくなってしまうのです。

多くのイップスに悩んでいるゴルファーの方々のレッスンを行っていますが、ほとんど100%といっていいゴルファーが始めの1時間で問題が解決できる手がかりというか、問題が起こっていない状態を作り出す、あるいは体験できるのです。

しかし、実際にイップスの根底治療には「正しいことの継続」が不可欠なのです。

ここで、大きな障害となるのは、ゴルファーの

「わかった」

「できた」

あとは漫然とボールを打つ技能を練習する

という発想なのです。

つまり、こういうことです。

人間の脳は、生まれてから(母親の胎内に居るときのことから)五感を通じて刺激として脳に伝わったものはすべて記憶していると考えられているのです。

そこには、(残念ながら・・・)もちろんイップスを引き起こしてしまっている、これまでの「上手く打つ」「飛ばす」「ちゃんとやる」プログラムが存在すのです。

そして、そのプログラムは生涯なくなることは無いものなのです。

ですから、正しいことを正しい方法論で継続することが不可欠になるのです。

ゴルフにはワン・ポイント・レッスンと呼ばれる

ある部分の形を変えることが全体像を大きく改善し

「できる」状態を作り出す魔法のワン・ポイントが存在する

勝手に夢を見ているゴルファーが少なくないのです。

そんなことは、これまでの人生の中でまったくといってよいほど存在しなかったにもかかわらず、そんなことを期待してしまっている人が少なくないのです。

ゴルフは難しいと口では言いながら、こんなところでも、『ゴルフは特別』だから、ワン・ポイントの魔法があるんだと信じるのですか。

それはあまりにもひどいご都合主義だし、あまりにもおめでたい考えなのですよ。

そして、自分自身のイップスも、そうしたワン・ポイントで直ると手前勝手に考えてしまう。

だから練習場でむやみやたらにボールを打って、止まらないことが続くと直ったと誤解し、それをラウンドに持って行き、また症状が発現し、以前にもまして打ちのめされた気分になって帰って来る。

そして、また練習場でやみくもにボールを打ち続ける。

イップスの「治療」は怪我の治療ではなくて、言ってみれば「生活習慣病」の治療のようなものなのです。

ワン・ポイント・レッスンという、症状を軽減させる薬を飲んだからといって、治癒したわけではないのです。

病を引き起こす因子は、生活習慣を替えなければ発現しないでは居てくれないのです。

せっかく、高いレッスン・フィを払ってレッスンを受けたところで、正しい方法を正しく行うことを継続する、つまり習慣を替える努力を継続しない限り、結局は止まらなくなった喜びは一時的なものに終わってしまうのです。

レッスンというと、どうしてもその場の結果を求めてしまいがちで、その場で無作為に良い結果が出ると、「できた」と非常に楽観的な納得をしてしまう人が少なくありません。

しかし、それはまったく価値の無いことだと考えなくてはならないのです。

私はコンサルティングを通じて、その場で一打で症状が起こらない方法をあなたのために作ることはできますし、実際にそれは比較的易しいことなのです。

しかし、私があなたのために、あなたの習慣を作ることはできないのです。

それは私だからできないのではなく、あなた以外のだれもできないのです。

私ができることは、あなたが元の習慣に戻らないように、何をどうやって育んでいくのか?という適切な情報をお伝えし、それにあなたが執着できるように道案内をすることなのです。

できることならもちろん私が変わってあげたいと思います。

なぜなら、私はその場での良いショットを打つことへの欲求よりも、自分自身の問題を根本解決することに目標を設定し、それを実行することができる自信があるからなのです。

なぜなら、それをやらない限り絶対に良くはならないということが、科学的見地からわかっているからなのです。

しかし、実際には私があなたのために、あなたの習慣を作ることはできないのです。

ですから、あなた自身が、一時的に、明確に目的を挿げ替え、正しい目的を設定し、その遂行にフォーカスすることが不可欠なのです。

そして、その目的の挿げ替えが無意識にできるようになるまでは、そこに執着してほしいのです。

そうすれば、その時点でイップスになる前のあなたよりも、間違いなく質の高いゴルファーに慣れているはずなのです。

さて、こうした考え方は、何もイップスになってしまった方だけのことではないのです。

幸いにもイップスになっていないゴルファーにも同じことが言えるのです。

ゴルフにおいては、たまたまいい当たりをするということにまったく価値観は存在しないのです。

ゲームの質を考えればまったくもってそのとおりなのです。

また、打ち方を覚えるという発想も、残念ながらあまり効果が無いのです。

なぜなら、練習場での環境とゴルフ場でのラウンドの環境はまったくといてよいほど異なるからなのです。

そもそも、既存のレッスンでカバーしている『正しい打ち方』=『平らなところで真っ直ぐ打ったときの結果の形』の説明なのです。

そんな状況ってラウンドの中でどれだけ存在するのでしょう?

言い換えれば、平らなところで真っ直ぐ打つ形を模倣できたことで対処できる状況がラウンド中にどれだけ存在するを考えれば、答えは自ずと導き出されるのです。

自分自身にとって正しいことを、自分自身が正しく行っていることを明確に把握できる感覚を常に自分自身が司どれるようになるために練習を重ねるのです。

そして、その感覚をどんな状況においても保つ、創り出すことができることができるということが「上手く打つ」「ちゃんとやる」ということにつながるということなのです。

「クラブのプレーンを正しく保つ」ことが秘訣などといっているのはまったくのでたらめなのです。

止まらずに打てるようになったからといって、『漫然と打ち続ける』=『以前のシステム』でボールを打つ指令を脳から体に出す=また元へ戻る、ということを忘れないでいただきたいのです。

これはイップスになってしまったゴルファーだけにいえることではないのです。

より上達しようと一念発起し、練習に励み、それなりに正しい動きを習得しようと志しても、「上手く打とう」「飛ばしたい」「ちゃんとやろう」と考えて起こす行動は実際には以前の行動パターンになるのです。

なぜなら、脳内には

「上手く打とう」と思ったときに立ち上がるプログラム。

「飛ばしたい」と思ったときに立ち上がるプログラム。

「ちゃんとやろう」と思ったときに立ち上がるプログラム。などなど

が一生涯存在するのだから。

それを替えるということは

あくまでも習慣を替え

正しい動きを正しく行っている自分自身の感覚を把握し

それをコントロールすることが

正しく打てる自分自身につなっがているのだと言うことを納得し

それを意図的にコントロールすること

「上手く打つ」「飛ばす」「ちゃんとやる」ということに結びつくのだということを納得しなければならないのです。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.