HOME

トップページ

コンサルティング企画情報

Dr.Koichiroプロフィール

Dr.Koichiroはどう違うか?

イントロダクション

必ず一度はお読みください

最初にお読みください

ゴルフIQテスト

何をレッスンに求めるべきか?

コンサルティング要綱(pdf)

コンサルティング情報

新着情報

Dr.Koichiroのゴルフの考え方

練習をもっと真剣に考えよう

ゴルフクラブを真剣に考えよう

イップス関連

Watch Me On Youtube

Facebook

お問い合わせ

これだけはお読みください

読み物リスト

トピックのリクエスト

著作権について

メンタルは独立して存在し得るのだろうか?


近年、メンタル・トレーニングなるものに関する書物が増えてきました。

メンタル・トレーニングそのものがいきなり降って湧いたわけではなく、ゴルフメディアがやっと気が付いたということでしょうが・・・

そしてもちろん、キャッチィーな新物好きなゴルフ界が放っておくわけが無いですよね。

そして、聞きかじりの知ったかぶりが横行するのです。

これまで、メンタルの「メ」の字も言わなかった人が、いきなりメンタル・トレーニングの重要性などを解き始めるのですから、考えられない厚顔さです。

そして、それを読んだゴルファーの多くの方が、また、役に立たない薀蓄を蓄積し、自分自身のトータル・システムの大問題を、細かい微々たることの問題であるかのように、責任転嫁をするのです。

そして、いつの日か訪れる素晴らしいショットを連続して行えるという、はかない夢を追い続けるのです。

これまでは、スウィング・プレーンに問題が有るとか、トップの角度に問題が有るとか、ボールを良く見ていない事の責任にしてみたりと、事有るごとにその時々に「HOT」とされているレッスン・トピックを上手く打てない自分の責任だと考えてお茶を濁し続けているのです。

スポーツ・サイエンスの専門家として、最近のメンタル・トレーニングなるものの流行に注文(文句といっても過言ではない)をつけたい。

どれだけ、練習しようとも、どれだけ、「できるぞ、できるぞ」と言い続けようとも、結局のところ、古の言葉「心技体」がお互いを支えあわなければ、実際のパフォーマンスには寄与しないのが人間なのです。

何しろ、ゴルフ界では都合の良い話が多すぎる。

そして、何の根拠も、何の客観的判断も無しに評価をするということが多すぎるのです。

タイガー・ウッズが骨折をしながら、リハビリ途中ながら全米オープンに勝利し、トリプル・グランドスラムを達成した時も、ゴルフの内容としては明らかにロッコ・メディエイトがはるかに勝っていたのです。

あれだけ、長いクラブでボールを曲げながらも、あれだけの勝負をできたあの日のタイガー・ウッズは「神様」と呼ぶしかない存在だと思うのですが、スウィングに関しては、どう見ても2000年以降、迷い道に入ってしまっているとしか言い様がないのです。

そして、今のままのスウィングを続けると、またすぐに膝を壊し(というよりも、現段階で股関節に問題を引き起こしていない事が不思議な動きをしているのです)、今年のようなシーズンを過ごす事が多くなることは明白なのですが、それに言及する人が居ないのです。

というよりも、それでもタイガー・ウッズのスウィングは素晴らしいと、盲目的に連続写真分析などをしているのです。

全くおめでたい話なのですが、私はそれを真に受ける一般ゴルファーのことを心配しているのです。

事実、いろいろなことを知り始めると、ゴルフ雑誌やレッスン書などには見向きもしないくなるゴルファーが多数いるのが現実なのです。

1000万人を超えるというゴルフ人口だというのに、そのうちの一握りの人しかレッスン書を購入して練習に活かそうとしていないのが現実なのです。

何故か?

それは、一般のゴルファーがいろいろと手を変え品を変え新しい理論だといってレッスン書を出版しても、内容に関してはいつも同じ事しか書かれていないだけでなく、それを実行しても大して効果のないことだとわかってしまっているということなのです。

少なくとも、私の知るゴルファーはそうですし、私の知る大きな練習場が行ったアンケートではそれが明らかになっているのです。

話が逸れてしまったので、元へ戻しましょう・・・・でも、実は、話が逸れたわけでは無いのです。

2008年にプレーオフでUSオープンを制したタイガー・ウッズはメンタル、つまり「心」が「技」と「体」を引っ張っていたのです。

とは言え、「心」が「技体」のパフォーマンス・レベルをより高いものにするかというと、否なのです。

つまり、元々持っているものをどれだけ出せるかということに関して、その時々においての「心」「技」「体」のうち、最もパフォーマンスの低い要素に全体のパフォーマンスが引っ張られるということなのです。

そうした意味では、あの時のタイガー・ウッズは残念ながら「技」と「体」に関しては、人並みなのです。

しかし、人並みはずれた「心」を持っているがために、ああした勝ち方ができるのだと考えるしかないのです。

これは、近年のPGAの統計を見ても明らかなことなのです。

では、一般のゴルファーではどうなのでしょう?

数打てばあたるようになるさ

やってはいけない多くの事を「左脳」の中に数限りなく収め

考えながら(考えているつもりになりながらとも言いますが)

意識しながら(殆どの場合、意識しようと考えているだけなのですが)練習をしていれば

いつかできるようになると信じ

失敗例ばかりを重ねているゴルファー

どうやって「心」を鍛えるのでしょう?

やってもやってもできない事を重ね、いつかはできると頑張っている人が、結局のところほとんど多くの失敗例しか体験していないのに、どうやって「心」=自信をつけるのでしょう?

「できると信じればできる」というのは、机上の理論であり、学者のマスターベーションなのです。

というよりも、本当の学者であればそんなことは決してい言わないと私は信じているのです。

どれだけ、心で「できる」と念じても、「技」「体」が、それを実行できる能力が無ければ、残念ながら実行不可能なのです。

そして、もちろん普段の練習からそうしたことの存在を明確に意識して練習の構築をしなければ、メンタル・トレーニングの効果など期待できるわけがないのです。

自分自身が自分で設定した目的に対して

意図的に何をどのようにコントロールしたら、好ましい結果が引き出せるのか?ということを

常日頃から考え、実践して

何度も何度もそのシステムを試し、納得していても

本番ではなかなか練習と同じ結果を引き出すことが難しいというのが現実なのです。

そこで初めてメンタル・トレーニングに頼る必要性が出てくるのです。

これまでと何ら変わらぬことをやり続けて、つまり、

何の根拠も検証もなく

明らかに論理的に破綻しているゴルフの常識を「やっているつもり」になって

何度も何度も失敗例を重ね、

何度も何度も打ち続けているうちに、良いショットが結果的に出るようになった

ということを続けている限り、

如何にメンタル・トレーニングをして「上手く打てるぞ!上手く打てるぞ!」と自分自身に言い聞かせても

何の効果もあるわけがないのです。

一般的に考えると、かなりのエキスパートになって初めてメンタル・タフネスがパフォーマンスに寄与するのです。

殆どの一般ゴルファーにとっては、取って付けたようなメンタル・トレーニングは全くの利点が無いのではないと考えるのがまっとうな知識を持った人間が言うことなのです。

試験に備えた勉強もせずに、これまでも大して問題を解けたこともない人が、「解けるぞ!解けるぞ!」と言い聞かせたところで、試験で正解を出せるわけがないのと同じ事なのです。

なぜ、ゴルフだけはこうした人間としての常識的判断ができなくなってしまう人が多いのでしょう?

なぜ

口では「ゴルフは難しい」といっているのに

行動は難しい事に対峙するような行動パターンを取らずに

端から舐めてかかったような

安直なうまい話にばかり飛びつくのでしょうか?

結局のところ

正しいことを正しい方法で常に自分自身が意図的にコントロールできていることを認識しながら練習を実施して

そのシステムが明らかに機能するものだということを認識することが不可欠

なのです。

そして

そのシステムを確立することによって

自分がそのシステムを意図的にコントロールし

それを守りきることで正しい結果を引き出せているという現実こそが

「心技体」を同時に引き上げる唯一の方法なのです。

「結果を出したい」ということは、一所懸命ゴルフの上達を目指すゴルファーにとっては当たり前の欲求なのですが、「結果を出したい」という気持ちだけで、結果の出しようが無い方法を行っていては結果は決して出ないのは当たり前のことなのです。

そして、そこでメンタル・トレーニングに助けを求めたところで、あなたには何も与えてくれるわけがないのです。

メンタルだけが独立して存在するわけもなく、フィジカルだけが独立して存在することもないのです。

ゴルフにおける人間のパフォーマンスは、私が常日頃から唱えているように、少なくとも

「メンタル」

「フィジカル」

「物理的な正しさ」

「人間の機能としての正しさ」

を考慮して、それら4つの最大公約数というか積集合的要素を磨かなければ効果が出ない

と考えるべきなのです。

© Copyright Koichiro Fujimoto, Ph.D. 2000-2015. All rights reserved.